音楽好きな女性向け「Xperia ray SO-03C」(エクスペリア レイ)はコンパクトで軽いドコモの新スマートフォン

スポンサーリンク

「音楽をよく聞きますか?ワンセグや電子マネーは使っていませんか?それならこのスマートフォンでしょう!」とドコモショップの店員さんが女性ユーザーに勧めてきそうな軽くてコンパクトな新型スマートフォンが登場しました。ソニーエリクソン製の「Xperia ray SO-03C」(エクスペリア レイ)です。ではその特徴や専用ケースと保護フィルムなどは?

image

「Xperia ray SO-03C」(エクスペリア レイ)

エクスペリア・シリーズはドコモでもauでも相変わらず人気ですね。数ヶ月前(2011年6月)に米国ソニーエリクソン社から日本でもいずれ発売されると発表されていた「Xperia ray(エクペリア レイ)」がようやく日本で発売されることになりました。ドコモから「SO-03C」という型番のスマートフォンです。 NTTドコモ

実はこの新エクスペリアは、日本の独自機能である「おサイフケータイ」「ワンセグ」「赤外線通信」は搭載されていません。つまりソフトやシステム以外のハード的な仕様の変更はほとんどなく、海外で売られているものそのまま日本で発売するような感じになっています。ですから重さもサイズもほぼ同じです。

image

スポンサーリンク

コンパクトで軽く、音楽好きな女性向け

「エクスペリア レイ」の最大のウリは何と言っても、コンパクト薄く軽いことではないでしょうか!重さはわずか100gしかありません。水で言うなら2口分です。サイズは長さ111mm、幅は53mm、薄さは9.4mmで手のひらサイズでしょう。小さな手の女性にはぴったりですね。

確かに、ワンセグなどの機能はありませんが、ソニーの「オーディオ再生レベル強調技術“xLOUD”モード」対応の音楽プレーヤーが内蔵しており、ダイナミックな音を楽しめるようになっています。ちなみに音楽好きな方がしばしば利用しているFMラジオはしっかり搭載しています。

他にも、カメラ機能として、暗いところでも明るい写真が撮れる810万画素オートフォーカス機能付きの外側カメラと、自分撮りもできる内側カメラも搭載しています。スカイプのビデオ通話も簡単にできそうですね。(スカイプは専用のアプリが必要)

また、「エクスペリア レイ」は文字入力関係も良くできています。精度がかなり良くなっている音声入力機能、つまり端末に話しかけて文字入力ができるのです。

その他の機能やスペックは以下の通り。

・サイズと重さ・・111×53×9.4mm、100g
・OS・・・Android 2.3
・CPU・・・1.0GHz
・バッテリー・・・1500mAh、連続待ち受け約400時間、連続通話は約360分
・ディスプレイ・・・3.3インチ、480×854ドットのTFT液晶
・外部メモリ・・・microSDHC(最大32GB)対応
・カメラ機能・・・CMOSカメラ2機(外側810万画素、内側32万画素)
・通信・・・FOMAハイスピード対応、Wi-Fi、Bluetooth、GPS対応

image

端末のカラーバリエーションは、ピンク、ホワイト、ゴールドの3色です。image

予約と販売、専用ケース

ドコモからエクスペリア レイ(Xperia ray SO-03C)の発売日は8月27日で、予約開始は8月12日からです。

ちなみに専用の 保護フィルム、ケース、バッテリー (モバイルからは ⇒保護フィルム、ケース、バッテリーが登場しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

関連記事
スポンサーリンク