組立式ロボット「ラピロ」をお手伝いさんや秘書として使って見れば!はまりそうです

スポンサーリンク

NHKの朝のニュース番組「まちがど情報室」で紹介されてた組立式ロボットが話題です。「ラピロ」という名のロボットなんですが、極小 Raspberry Pi(ラズベリー・パイ) で制御するのでプログラミング次第で様々な動作をさせられます。(おやつを運ばせることもできます。)

image

NHKで紹介された組立式ロボット「ラピロ」子供のおもちゃにしては少々高度で、むしろ大人が夢中になりそうです。

頭脳であるRaspberry Pi(ラズベリー・パイ)と小型カメラは別売りですが、それさえ揃えればロボットとして自立的に動きます。(PCのキーボードを打っています。)

image

組立そのものはプラモデルより簡単そうです。パーツが少なそうですから。image

醍醐味はプログラミンで様々な動作をさせれれるところです。

image

カメラモジュールを搭載させて、セキュリティーロボット(番犬)にしたり、USBマイクを接続して様々な命令を会話で伝える(家政婦や秘書に)ことも可能になります。

使い方次第では、家政婦、子守、番犬などの用途は無限大みたいです。

image

夏休み真っ只中で、子供も自由工作に頭を悩ませているでしょう。そんな時にちょっと高度な工作はいかがでしょうか?親のほうがはまります。

http://www.rapiro.com/

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事