裸眼3Dテレビ(メガネ不要)が東芝より!疲れにくく、精細度が向上した裸眼の3Dテレビの時代か?

スポンサーリンク

パナソニックを皮切りに3Dテレビが発売されて、家電量販店の最前列には最新モデルの3Dテレビ(VIERA)が並んでいますね。CA390304

しかしこれらはどれも3Dメガネが必要です。これって何かしながら3D映像を楽しむということはできませんでした。”ながら3Dテレビ観賞”不可モデルです。

しかし、年末には東芝から3D専用のメガネなしで立体映像が見えるテレビ、つまり  裸眼3Dテレビが発売されるそうです。これで何かしながらでもテレビで3D映像がっ楽しめるようになりそうです。では次のような疑問を抱くのは私だけではないはず!

  • どうやってメガネなしで3D映像が見えるの?
  • 今までのメガネが必要な3Dテレビはどうなるの?

3Dメガネ不要の裸眼3Dテレビの仕組み?

これまでの3Dテレビはすべてメガネが必要でしたね。つまり右目用と左目用の映像を高速で交互に映し出して、脳内でそれが合成されて立体に、つまり3D映像としてとらえる(いわば脳をだます、錯覚を起こさせる)という仕組みでした。

しかし東芝が年内にも発売するといっている裸眼3Dはメガネが不要でなぜ立体映像が見えるのか、不思議ですね。

端的に言うなら、

角度が異なる多数の光を出すことで、専用のメガネがなくても、脳内で立体的な映像を再現することができるようにした。見る人が位置を変えても立体的な映像を楽しめ、画像も自然で目が疲れにくいという。 YOMIURI ONLINE(読売新聞)

これは「インテグラルイメージング方式(光線再生方式)」という革新的な技術が投入されているのです。裸眼3Dはメガネが不要で、どの角度からも3D映像が楽しめる。

スゴイのはテレビをどの角度から見ても、裸眼で3D映像を視聴できるのです。これで”ながら3Dテレビ観賞”ができるわけですね。すごい!

さらにこれまでの3Dテレビにありがちだった、精細度の低下や、動きが激しい映像の再現の問題を克服した高精細なパネルが開発され、その裸眼3Dテレビに投入するという。しかも、3D対応の映像なら、ハイビジョン映像までもが再生のです。

スポンサーリンク

今までのメガネが必要な3Dテレビはどうなるの?

では、今までの3Dメガネが必要なテレビ、パナソニック、ソニーなどから続々投入さていますが、どうなるのでしょうか?

今のところ、すぐにすべての3Dテレビが裸眼3Dに取って替わることは考えにくいですんね。本当に実物を見ないと何とも言えません。

3Dテレビの購入を考えている方は、年末まで待って裸眼3Dテレビを実際に見てから決定したほうがいいでしょうね。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事