プロ・ブロガーに学ぶブログ運営のまとめ(2)ソーシャルメディアを徹底活用する方法

スポンサーリンク

先回はプロ・ブロガーに学ぶブログ運営のまとめ(1)と題して「いかにブログを続けるか」について、私が適用したい手法をまとめました。今回は第二弾としてソーシャルメディアとの連携テクニックから、このブログで取り入れたい点をまとめてみます。

image

ソーシャルメディアの威力を利用

ソーシャルメディアの威力はすざましいものがあります。つまりTwitter、Facebook、mixi、Google+などですが、ブログへのアクセスを呼び込むためにその威力を使わない手はありません。

それらソーシャルメディアを使ったテクニックは「必ず結果が出るブログ運営テクニック100 プロ・ブロガーが教える“俺メディア”の極意」の第3章(Tec41~Tec70)にしたためてあります。その中から、私が使いたいテクニックなど抜き出してまとめてみます。

Twtter重視。RT(リツイート)によって情報が広範囲に広がり、アクセスが一気に集まる。・・・2番目に重視しているのはFacebookです。そのために「いいね!」ボタンの活用。(Tec41)

もっとTwitterを活用したい!

ブログの名前、URL、ハンドルネームなどをキーワードにして「エゴサーチ」をすることは自分のモチベーションを維持。しかし耳の痛い意見もあるのでその心づもりを!(Tec44)

早速私も、Googleアラートでブログ関連のキーワードの新しい検索結果すべて(または最上位)をメールで1日に一度配信してもらうようにしました。Google アラート

image

ブログのキャッチコピーや決まり文句で覚えてもらう。またちょっとした記号で覚えてもらう。(Tec43)

このブログならAmamobaの[A]かな?いろんなサイトが使ってそうだけど・・・。

Klout」でソーシャルメディア(Twitte,Facebook,Google+)における影響力を分析する。(Tec46)

早速私もTwitterのアカウントで調べてもらったら、スコアが43になっていました。どの程度か分かりません

image

Twitterで話題になった自分ブログ記事をブログパーツ「Topsy」で紹介する。(Tec50)

ブログのサイドバーに余裕ができたら設置してみたい。検索窓にhttp://topsy.com/www.amamoba.comと入れて検索したら以下のようになり、右下のタグをサイドバーに設置すればいいみたい。

image

↓こんな風に表示されます。リアルタイムです。

Facebookコメントは、コメントの敷居が低く、ブログが荒れにくく、コメントを書いた人のフォールにコメントとブログ記事が記載されるなどの3つの理由から、ブログのコメント欄に設置するのに最適。(Tec53)

我がブログでも、Facebookページと新着記事の連携がうまくいくようになったら是非設置したい。

ブログパーツ「FBLkit」を活用して、Facebook「いいね!」が沢山付いたブログ記事を紹介する。

いずれこれも使ってみたい。そのためにもFacebookのファンページを充実させる必要がありそうだ。FBLkit – ブログパーツ/ウィジェット

image

他のブログ記事をソーシャルメディアで積極的に共有する。・・・まずは自分から積極的に他のブログの記事をツイートしたり「いいね!」や「+1」を押してみる。(Tec58)

これはあまりしていませんでした。「情けは人のためならず。」で、いつかは自分のブログへの反応としてかえってくるのですね。

複数のソーシャルメディアとつながる「zenback」を導入する。ブログ内の関連記事や他の参加ブログの関連記事も表示される。・・・アクセスを増やすチャンス。デメリットは多機能なため、ブログの表示パフォーマンスが落ちる。(Tec59)

これは興味があったブログパーツで最近よく見かけます。有料のブログパーツを導入している大手のブログもあるほど。

image

メール、コメント、エゴサーチでブログへの言及、TwitterのRTがあればそれにたいして「ありがとう」を。一言だけで十分なので、やってみる。(Tec63)

心がけたいですね。

ネタフルを運営するうえで、僕が大事にしていることは、ただ「書き続ける」ということです。・・・作家・・・ジャーナリスト・・・(などにはなれないが)・・・ちょっとした発見、あまり気付かれない楽しいことや、おいしいもの、興味をひかれる不思議なもの、日常生活をちょっと拡張する情報を、沢山伝えるために書きたいと考えています。
・・・・
Google Adsenseの登場で世の中のルールが変わった。
・・・・
チャンスをつかむことができたのはコンテンツの蓄積があってこそ。
(コラム)

このコラムの言葉は、この本の中で一番役立った言葉の一つです。第2段はここまで。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事