自転車ナビ「ポタナビ」(SGX-CN700)でサイクリングやポタリングを徹底的に楽しめそう

スポンサーリンク

最近は自転車での旅やスポーツが見直されているそうです。一般的にスポーツとしてのサイクリングに加え、散歩に近い”ポタリング”(pottering)で市街地を自転車で散策することが流行しているとか?そんな自転車での”ポタリング”を快適に楽しめそうな自転車用のナビゲーション端末「ポタナビ」がパイオニアから販売されます。これさえあれば、自転車でのぶらぶらも迷うことなく楽しめ楽しめそうです。

image

自転車用ナビ「ポタナビ」(SGX-CN700)

街歩きは、スポーツとしてのウォーキングというよりは、「散策とか、もっと気軽な「散歩」などと言いますね。一方、自転車での散策は、サイクリングと言うよりは、”ポタリング”と言うそうです。

そこで見知らぬ街や繁華街でのポンタリングで問題は、方向間隔を失って迷子になったりすることや、時間内に目的地に着かねばならないのに思った以上に遠くへ行ってしまい時間内に帰ってこれなくなるということがあります。

そんなポタリングに多い問題を見事に解決してくれた自転車用のナビゲーションが登場しました。ポンタリングに最適化した自転車用サイクリングナビゲーション端末がパイオニアによって発売さる「SGX-CN700」で、愛称は「ポタナビ」です。ナビですからGPSと連動して以下の機能で安心なサイクリングが楽しめます。パイオニア株式会社

  • 見やすいカラー液晶・・・自転車での走行は屋外での利用ですから、一般ナビのモニター画面では見えずらいのですが、「ポタナビ」の2.4インチのモニターは日光のもとでも比較的視認性が強く、位置情報を確認しやすいようです。image
  • ポイントライン表示機能 ・・・この機能はポタリングで迷子になる心配がなくなる安心な機能です。目的地や出発地と自転車の位置関係を分かりやすく直線で結んで表示してくれます。寄り道しながら自由にポタリングしても迷子になりにくいのです。image
  • タイムサークル表示機能・・・これも自転車での時間制限付きの自由な散策に重宝する機能です。たとえば、日没の時刻に合わせて帰れるようにセットすると、時間内にポンタリングできる範囲を円(サークル)で表示し、残り時間に伴って円が小さくなってゆくようになっています。常に円内で自転車ポンタリングをすれば時間通りに目的地に着けるわけです。image
  • ダイエットモード機能・・・これはポンタリングを半ばスポーツのサイクリングのようにダイエットに役立たせようとする機能ですね。ペダルの回転数に応じて、モニターに登場するキャラクターが動いてくれ、ダイエットに最適なペダルの回転を教えてくれるのです。image

自転車ナビの「ポタナビ」(パイオニア「SGX-CN700」)は上記の機能に加えて、一般のカーナビやウォーキングナビのように、周辺のスポット情報(公園、レストラン、レジャー施設、TVで話題の流行りのお店)を教えてくれる「周辺検索機能」や、 「ポップアップナビモード」などが搭載されていますので、自転車での街の散策にはかなり役立つナビになっています。また、「カンタンロガー機能」といって、自転車の走行データが定期的に、アップロードされネット上の自分の「マイページ」に自動保存されます。その日にどこで自転車で散策したかをPCで後ほど簡単に確認できます。image

バッテリーは10時間連続使用OKですから一日十分ポタリングを楽しめそうです。さらにうれしいのは、NTTドコモの3G通信モジュールによるネット回線接続を2年間無料で利用できる点ですね。

詳しい仕様は以下の通りです。

image

自転車好きの方は、これまでポータブルナビやウォーキングナビを利用してきた方も多いようですが、今回パイオニアが発売する「ポタナビ」(SGX-CN700)があれば、さらにポタリングを満喫できそうですね。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事