2016年の無線LANルータの選び方とは?家族の人数と家の広さごとでおすすめなルーターは?

スポンサーリンク

我が家の無線LANルーター が壊れました。5年ぶりに買い替えて3台目となりましたが、選ぶのにかなり悩みました。超高速通信に対応しているだけでなく、不可機能も多様化しており、それらの機能が自分の利用したい子機(パソコン、スマホ、ゲーム機)しているかどうかが問題になるからです。この記事では、私のようにルーター選びでお悩みの方が、自分に必要とする最適な無線LANルーターを選ぶ上で役立つ情報をまとめます。家族の人数と家の広さごとにおすすめルーターを紹介します。我が家で利用した3つの無線LANルーター

我が家らの無線LANルーター利用歴

我が家らの無線LANルーター利用歴を覚えてる範囲でリスト化すると以下のとおりになりました。

  • NTTの純正のもの。忘れました。
  • バッファロー Airstation  5,000円
  • アイ・オー・データ WN-G300TVGR  約 1万3000円
  • アイ・オー・データ  WN-AC1600DGR3 (今回 2016年10月 購入) 8,000円

無線LANといえば、バッファローがかなりのシェアを占めています。我が家でも利用していました。故障しておりませんので、現在でもバックアップ用として保存しております。

しかし、前回と今回はアイ・オー・データ製を購入しました。理由は後ほど「おすすめ無線LANルーター」のところでご紹介します。

スポンサーリンク

無線LANルーターの選び方

ではなぜ私が、今更無線LANルーターの選び方やおすすめを書こうと思ったのでしょうか?

無線LANルーターは新製品が出てもパソコンやスマホのようには話題性はほとんどありません。故障すればちょっと調べて簡単に買い替えるだけのものです。基本どの無線LANルータも100Mbps以上の速さはありますので、3LDKの屋内でつながりさせすればなんでもいいわけです。

※ さきほどネット回線スピードを調べてみると、20Mbpsしか出ていませんでした。評価は「快適」に入るそうです。フレッツ光も新品の無線LANルーターも”ギガ速”、つまり1000Mbps がウリなのにね。

でも結局、安くとも数千円かかるので、せっかくなら通信性能が高く付加機能が充実したおすすめを調べ、納得できる無線LANルーターを選びたくなるわけです。今回の私がこれ。

それでこの機会に、今後数年したらに再び故障すると思われる時のために、今時の無線LANルーターの特長をまとめておきたいと思い、この記事を書いております。

でもその前に、前提とする利用環境について述べます。

無線LANルーターが必要な家庭は、光ブロードバンドを含めた高速固定回線契約をしている場合しか考えられません。高速ならケーブルTVでもいいです。ですからそれを前提に無線LNAルーター選びのポイントを記します。

鉄則[1]  速さは一番大事

無線LANルーターはWi-Fi規格 ac 対応をお勧め。

ただ「つながればいい!」みたいな時代はとっくに過ぎ去っております。← 以前私がそう思っていました。

肝心なのはスピードです。

すでにご存じかと思いますが、無線LANルーターや受信端末(パソコン、スマホ、ゲーム機などの子機)の仕様に、【Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac】 というWi-Fi通信規格をよく見かけます。これって速さの規格でもあるんです。

今時の無線LANルーターのなかで、特に大事なのは最後の 「ac」表示があるかどうかです。これがどんだけ速いかを理解するために、「Wi-Fi 802.11」の規格のおさらいをしておきましょう。以下の通りです。

規格名 周波数帯 最大速度
802.11b 2.4GHz
※ 1
2 Mbps
802.11g 2.4GHz 11 Mbps
802.11n 2.4GHz
5GHz
600 Mbps
802.11a 5GHz 54 Mbps
802.11ac 5GHz 6.9 GMbps
※ 2

※ 1 2.4GHz は 5GHz より障害物に強く、遠くまで電波を飛ばせます。
※ 2 アンテナ最大数 8本の場合。

数年前までは「802.11n」が主流でした。iPadなら iPad mini 3、iPhoine iPhone 5s までは「802.11n」対応です。

しかし 最速規格「802.11ac」は、iPhone なら iPhone 6 以降のモデル、iPad なら iPad mini 4 および iPad Air 2 以降のモデルに対応しており、ここ1,2年のノートパソコンはほぼすべて対応しています。(念のためにご自分のモバイル端末やパソコンをお調べください。)

でも、 「802.11ac」がいくら最速でも、自宅の固定回線速が対応していなくては意味がありません。

我が家はNTTフレッツ光で1Gbpsに対応済みです。ですから無線LANルーターは「802.11ac」対応のものを購入しなければ、光回線のスピードを十分に活かせないわけです。

※ とは言ってもこれらは理論値であり、回線/電波状況に大きく左右される実効速度とは大きく乖離しています。すでに述べた通りです。USB接続機器との通信速度はこの限りではありませんが・・・。

以下にポイントをまとめます。

無線LANルーター選び - 鉄則 (1)

WiFi規格は 「Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac」を選ぶべし。

鉄則[2]アンテナの数

4本のアンテナがある無線LANルーター バッファロー製WXR-2533DHP2

Wi-Fi規格に続き、無線LANルーターの選び方で大切なポイントとして、アンテナの数(ストリーム数)です。これは単純にアンテナの本数が多いほうが通信速度が速いです。

さらにアンテナの数の多い無線LANルーターのほうが接続台数の多い家庭で通信を安定させるためには必須です。

今では1人数台を利用している時代です。一家4名の家庭なら10代前後になることもあるでしょう。我が家なんて2人にしか利用していないのに8台もつないでいますよ。

ですからより安定したWi-Fi通信を確保するためにも、特にシビアな環境下では、アンテナの数が多い無線LANルーターを選ぶべきです。

ここで、複数アンテアを搭載した無線LANルーターの仕組みを復習します。

アンテナが複数ある場合、MIMOアンテナと呼ばれ、複数のアンテナで送受信されるデータを束ねて元に戻すMIMO技術が採用されています。

鉄則その1で取り上げた規格である「802.11ac」対応のもをアンテナの本数でスピードを計算すると以下のようになります。

アンテア数 スピード
1本 433.3 Mbps
2本 867    Mbps
3本 1300  Mbps

数が多ければスピード抜群ですよね。

しかしここで注意が必要です。たとえば、無線LANルーター本体がアンテナ数2本でも、パソコンやスマホなどの子機のWiFiアンテナ数が1本なら、この機能を生かすことができません。

ではどこで見分ければいいのでしょうか?

たとえば現在私が愛用しているノートパソコンのカタログ・スペックを見てみると、

【 IEEE802.11 a/b/g/n/ac 対応 2×2

とあります。末尾の【2×2】という意味は、このパソコンにWi-Fiアンテナが【受信用アンテナ2本 × 送信用のアンテナ2本】を搭載していますよ、ということ。これを2ストリームといも言います。

したがって、このパソコンのWi-Fi通信速度を最大限生かすためには、アンテナ2本以上かつIEEE802.11 ac 対応の無線LANルーターを購入すればいいわです。

ちなみに iPadでは iPad Air 2 以降、iPhone では iPhone 7 が 【2×2】となっています。 また、最近のパソコンの中にはアンテナ数【3×3】対応みたいなモデルも発売されています。

では、無線LANルータを選ぶにあたり、アンテナ数を知るためにどこを見ればいいのでしょうか?

以下のモデルをご覧ください。

BUFFALO 無線LAN親機 11ac/n/a/g/b 1733+800Mbps ハイパワー Giga 1.4GHz デュアルコアCPU搭載 高感度アンテナ搭載 WXR-2533DHP2 BUFFALO 無線LAN親機 11ac/n/a/g/b 1733+800Mbps ハイパワー Giga 1.4GHz デュアルコアCPU搭載 高感度アンテナ搭載 WXR-2533DHP2
 Amazon 

一目瞭然です。バッファロー製のハイパワー無線LANルーターですが、アンテナ4本であることがすぐに外観から判断できます。

このようにパッケージに写っている無線LANルータの外観からアンテナの数がはっきり分るものもありますが、内部アンテナの無線LANルータは外観からは分りませんので注意が必要です。

ただし【内蔵アンテナ×5】とあっても、たいていは 2.4GHz送受信用×2、5GHz送受信用×3 という意味ですから、周波数帯 5GHz で使用する IEEE802.11 ac を最大3本のアンテナで利用できる、つまり 1300 Mbps 対応という意味にすぎません。

この場合、しばしばパッケージには、 「1300Mbps + 300Mbps  対応」みたいな表示になっています。接続台数が多いご家庭で比較的安定した通信がで期待できます。

ギガ速 対応 無線LANルーター

以下にポイントをまとめます。

無線LANルーター選び - 鉄則[2]

アンテナ数は2本以上を購入すべし。iPhone 7 をつなげたいなら必須だ。

鉄則[3]有線LANの対応スピード

無線LANルーターの有線LANケーブル カテゴリー 5e

アンテナ数に続き、通信速度が異なる有線LANの対応規格は無線LANルーター選びの基本中の基本です。

ここ数年はNTTフレッツ光を始めとする光回線のスピードは1Gbps つまり 1000 Mbpsが主流になっています。しばしば”ギガ対応”みたいに宣伝されていますね。

したがって、無線LANルータも有線LANが1Gbps 対応のものを選択しなければなりません。有線規格表示は【 IEEE802.3ab(1000BASE-T)】です。ギガビット・イーサネットとも呼ばれます。

ここ数年のうちに販売開始になっている無線LANルーターの多くは1Gbps 対応ですが、低価格モデルまたは5,6年前のモデルなら 100 Mbps (IEEE802.3u(100BASE-TX))にしか対応していません。

ですから「無線LANルーターはつながればどれも同じだ!」みたいな考えで、楽天やAmazonで低価格のものを購入すると、後々後悔することになるかもしれません。

無線LANルーター選び - 鉄則[3]

有線LANは 1 Gbps 対応のものを選ぶ。

鉄則[4]セキュリティ

無線LANルーターのセキュリティーは大事

さて無線LANルーターの選び方 鉄則4 はセキュリティです。私的にはこれ一番大事です。

データを途中でのぞき見されたら気持ち悪いですよね。ご安心あれ、Wi-Fi通信は通常暗号化されております。

その技術がセキュリティー企画であり、以下のような変遷をたどっております。

WEP ⇒ WPA ⇒ WPA2

最新規格は WPA2 です。

それぞれの規格の意味がそこまで重要ではなく、最新規格を選べば大丈夫です。

ですから、無線LANルーター はWPA2を採用しているものを強くお勧めします。というか、今どきの無線LANルーターはWPA2までの企画すべて採用されているのでそれほど気にすることないようです。子機の最新OSもおおかた対応しているようです。

無線LANルーター選び - 鉄則[4]

セキュリティー規格は WPA2 対応のものを選ぶべし。

鉄則[5]付加機能

無線LANルーターの選び方の5番目のポイントは「付加機能」です。

パソコンやモバイル端末を子機として高速通信できればそれでOKというユーザーなら、「付加機能」に関してそこまで考えなくていいです。

しかし、以下のようなことが無線LANルーターでできたら嬉しい人もいます。

家の中で移動しながらiPhoneやプレステなどのゲーム機を使っても通信が途切れにくい。(「ビームフォーミング」機能)

ブルーレイディスク、DVDドライブ、USBメモリー、テレビチューナー、ハードディスク、プリンターなどのUSB接続できる機器を無線LANルーターにつなげて、パソコンやスマホから利用したい。(NAS機能、サーバー機能

ネット接続できる子供のゲーム機やスマホで不適切なサイにがつながらないように、無線LANルーターでフィルタリングしたい。(フィルタリング機能

子どもがゲーム機やスマホでネット接続する時間帯を制御したい。(タイマー機能

外出先から無線LANルーターにつないでいる自宅のパソコンを起動・操作したり、おなじく無線LANルータにつないだ自宅のハードディスクの動画や音楽やオフィス文書にアクセスしたい。(リモートアクセス機能

将来的に増えると予想されるIPv6に対応したサービスを利用できるようにしておきたい。(IPv6ルーター機能。※ 現行機種のほとんどは IPv6ブリッジ・IPv6パススルーには対応済み。)

いかがでしたか?

どの機能があればいいなとお考えですか?子どもがいる家庭では「フィルタリング機能」かも。

USB接続できるブルーレイディスクで映画を寝っ転がってスマホで見たいなら「NAS機能、サーバー機能」機能付の無線LANルータ-がいいですよね。(正確にはUSB接続機能

私が今回購入した無線LANルーターはこれ

アイ・オー・データ製の WN-AC1600DGR3 です。

私が今回購入した無線LANルーターは そのカテゴリーではマイナーなアイ・オー・データ製の WN-AC1600DGR3 です。利用推奨環境は4人で家の広さは3LDK・2階建てまでOKです。

I-O DATA Wi-Fi 無線LAN ルータ 親機 11ac/n/a/g/b 1300Mbps+300Mbps 4LDK 3階建 WN-AC1600DGR3 I-O DATA Wi-Fi 無線LAN ルータ 親機 11ac/n/a/g/b 1300Mbps+300Mbps 4LDK 3階建 WN-AC1600DGR3
 Amazon 

購入当時の金額や7,980円。 Amazon も楽天も価格的には大差ありませでした。

なぜこれを購入したのか?

上記の 「無線LANルーター 選び方の 鉄則 1~4」をべて満たしていたからす。しかも価格はかなりお手頃でした。

そして、フィルタリング機能付きで、接続端末でのウェブ閲覧の安全性を確保したかったからです。(※ 我が家には未成年の子供はいませんが、家族ポリシーがあります。)今回購入の製品は1年間無料で利用可能です。

とはいっても、機能的に同レベルの製品は、無線LANルーター製品カテゴリーではメジャーなバッファロー製やNEC製のものが多数売れています。

ではなぜ敢えてアイ・オー・データ製を選んだのか?

それは、すでに購入済みのUSB接続型TVチューナー を利用できたからにすぎません。これってiPhoneやiPadでフルセグTVを見れるんですよね。それも格安。

2016-10-31_15h55_39

しかしながら他にも上記の 「無線LANルーター 選び方の 鉄則 1~4」を満たしつつ、USB接続機器を接続可能で、未成年の子供がいる家庭向けの機能 ウェブフィルタリング機能(有害サイト閲覧制限/ペアレンタルコントロールとも言う。)付のものは沢山あります。

バッファロー製 6名(利用推奨環境6人・4LDK・3階建て)

中でも一番おすすめな無線LANルーターは機能的に完璧なバッファロー製のWXR-2533DHP2 ですね。お値段は結構な額ですが、これがあればスマホやパソコンを利用している家族6名まで対応しているので、一般家庭ではまったく問題ありません。

BUFFALO 無線LAN親機 11ac/n/a/g/b 1733+800Mbps ハイパワー Giga 1.4GHz デュアルコアCPU搭載 高感度アンテナ搭載 WXR-2533DHP2 BUFFALO 無線LAN親機 11ac/n/a/g/b 1733+800Mbps ハイパワー Giga 1.4GHz デュアルコアCPU搭載 高感度アンテナ搭載 WXR-2533DHP2
 Amazon 

アンテナ4本で、最大 1733 Mbps 。鉄則1~4を余すところなく満たし3階建て/4LDK対応です。家庭用でこんなに感度が強力でいいのだろうか?といささか疑問ですが、おままけに、家の中を移動しながらゲームをしても通信が途切れにくいビームフォーミング搭載です。まさに最強でしょう。しかも中継器まで対応しているとのこと。

「家族6名もいないし!高額なのは不要!」

みたいな方は、いずれもAmazonでベストセラーになっている以下のモデルがおすすめです。

バッファロー製 3~4名(利用推奨環境4人・3LDK・2階建て)

BUFFALO  11ac/n/a/b/g 無線LAN親機(Wi-Fiルーター)エアステーション Giga ビームフォーミング対応 866+300Mbps WSR-1166DHP2/N (利用推奨環境4人・3LDK・2階建て) 

バッファロー製 1~2名(利用推奨環境2人・ワンルーム)

BUFFALO 【iPhone6対応】 11ac/n/a/g/b 無線LAN親機(Wi-Fiルーター) エアステーション QRsetup ビームフォーミング対応 866+300Mbps WCR-1166DS (利用推奨環境2人・ワンルーム)

バッファロー製の品質は業界2位のNEC製と同レベルと言われていますし、性能が同レベルの商品ではNECよりバッファロー製のものが確実に安いです。

とは言ってもバッファロー製が嫌いな方もいるかも。NECのおすすめは?

NEC製の無線LANルーターで一番人気は「WG2600HPシリーズ」一択でしょう。中継機にも対応している、NEC Aterm WG2600HP2  、中継機には対応していない、NEC Aterm WG2600HP  があります。いずれも、11ac/n/a(5GHz帯)&11n/g/b(2.4GHz帯) 同時利用タイプ 1733+800Mbps で、上記のバッファローと同性能です。

NEC Aterm WG2600HP2 NEC Aterm WG2600HP2
 Amazon 

他にも沢山のモデルがある無線LANルーターですが、上記のバッファロー製かNEC製を購入しておけば、どんなタイプのご家庭でも不自由することなく利用できるのは間違いありません。

特にバッファロー製の最新モデルは発売してからかなり早く価格が下がる傾向にありますから、要チェックです。

以上。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事