交通事故で大活躍ドライブレコーダーアプリ「Ployd Black Box」とは?エコドライブなどの機能も充実

スポンサーリンク

交通事故は突然やってきますね。そんな時に役立つのはドライブレコーダーですが、市販のものは高額でカメラなども取り付けなければならなく煩雑です。しかし、600円程度でスマートフォンを高機能なドライブレコーダーに変身させるiPhone・Androidアプリが登場しました。「Ployd Black Box」です。ではこのアプリで何が可能に?

image

ドライブレコーダーアプリ「Ployd Black Box」

飛行機のフライトレコーダーは事故原因究明のためにブラックボックスの中に完全かつ安全に収納されており、万が一の時はそれを分析して調査に役立てていますね。

image

それと同様に、交通事故もいわゆるフライトレコーダーと同じ役目をするドライブボックスがあります。突然の衝撃前後の音声や画像などを記録し、いざという時に役立たせることができます。人身事故や物損事故の過失割合に納得したり、訴訟問題などに発展する場合に大いに役立つかも。 Ployd Black Box
(数年前、私が自動車の運転中に事故に遭った時、警察との立ち合いで、相手の状況説明と私の状況説明が食い違ったので散々な目に遭ったのを覚えています。)

image

基本的に記録するものは、音声、映像、GPSによる位置情報、加速度センサーによる急減速や急加速などです。

すごいのは、運転中の車の衝撃や急減速をセンサーが検知すると、状況の映像が自動保存されるだけでなく、以下の画像のように登録済みの緊急連絡先や警察、病院などにすぐに電話をかけることができるようになる点です。同時に映像や位置情報などを含んだ事故状況をメール送信できる優れた機能付きです。本格的なドライブレコーダーになっています。

image

役立つのは事故などのアクシデントが発生した時だけでなく、ECOドライブ判定機能など日常の運転でも役立つ機能が搭載されていることですね。

image

このドライブレコーダーアプリを使わなければならないような緊急事態や事故に巻き込まれたくはありませんが、いざという時に命を救うものになるかもしれません。「Ployd Black Box」のダウンロードはiPhoneからはApp Store、AndroidスマートフォンはAndroid Marketからどうぞ。料金は600円です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

関連記事
スポンサーリンク