超省エネのペーパー型スマートフォン開発!まるで紙のように薄っぺら!

スポンサーリンク

スマートフォンのバッテリーがすぐに切れる話はしばしば耳にします、カナダの大学が、薄っぺらで紙のように柔軟なスマートフォンを開発したようです。それが超省エネタイプのペーパース型マートフォンらしいのです。

image

友人がauのアンドロイドスマートフォン「REGAZ」(IS04)を持っているですが、あまり使用しない日でも一日でバッテリーがなくなると嘆いていました。auの仕様では、待ち受け状態で約260時間だそうですが、使用感はそれとは程遠く、省エネ・節電効果の薄いスマートフォン事情が分かります。

今回カナダで開発されたペーパー型スマートフォンは紙のように曲がり、腕に巻いて携帯も可能です。とりわけ注目すべき機能は電子ペーパーを採用しており、画面が切り替わる時だけにわずかに電力を消費する超エコなスマートフォンらしいのです。

電子ペーパーと言えば、ソニーのリーダーやアマゾンのKindleが採用している電子書籍閲覧端末によく採用されているものです。一週間以上充電しなくてもへっちゃらなほど超節電タイプです。

それがスマートフォンにも採用されたわけですから、かなり応用範囲あ広がるのではないでしょうか?操作方法が気になりますが、今のところ画面を曲げて操作する設計になります。動画を見れば分かりますが、かなり曲げる必要があり、一見操作しずらく見えます。

しかし腕に装着するタイプのペーパー型スマートフォンは画面に軽くタッチするだけで操作が可能のように見えます。

今回この極めて柔軟性に富むペーパー型スマートフォンの開発チームは、「5.6年のうちに今のスマートフォンが時代遅れになるだろう」と自負しているようです。私はモノクロではなくカラーの電子ペーパーが開発されればそうなる思いますが・・・。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事