ドコモ「P-07C」はパナソニック初のスマートフォン!片手でしかも自分の手に合わせて簡単操作可能

スポンサーリンク

スマートフォンを使っている人が、従来型のケータイのように操作し易くはない、特にメールの打ち込みなど、という話はよく聞きますね。

20110517065630

そこでドコモが片手でも操作をしやすくした簡単スマートフォン「P-07C」を発売します。パナソニック初の端末です。

パナソニック初のスマートフォン

パナソニックは台湾などに生産拠点を増やし、携帯向けの部品の生産能力を倍増させているようです。震災の影響もさることながら、スマートフォンの分野でも市場開拓に力を入れ始めているのでしょう。

ドコモの夏モデルとして、パナソニック初のスマートフォン「P-07C」がお目見えすることになりました。大画面のTFT液晶のディスプレイ搭載で、日本独特仕様として、ワンセグも可能です。(NTTドコモ)

片手で操作

「P-07C」の一番の特徴はなんといっても片手で操作できるようにメニューやキーボードをカスタマイズできる「タッチスピードセレクター」機能搭載です。

カタログの端末紹介にあるように(以下の画像)、端末を持ったほうの手の親指の自然な動き合わせてメニューが並ぶようになっています。右手でも左手でも可能です。これなら、画面の端にあるメニューを選ぼうとして、端末自体や親指を大きく動かしたり、もう一方の手を用いたりすることも必要なくなります。20110517080108

この機能で操作スピードが格段に上がりますし、第一片手で操作しても端末を落とす確率が低くなりそうです。特に小さな手の方や女性には嬉しい機能ではないでしょうか?

キー配列をカスタマイズ

さらに「P-07C」の一押し機能は、自分の手や指に合わせて、キーパットの大きさや位置を変更できるというフィットキー機能です。

たとえば、キーパットにはよく使う文字パネルが操作する手の親指より遠くにある場合、文字のキーパットの部分を操作する親指のほうに近づけたり、拡大したり可能です。

20110517082731

以上のように、このキー配列をカスタマイズできる機能と上記の「タッチスピードセレクター」によって、「P-07C」は片手だけでスムーズに操作をできるように最適化されているのです。

知りたい情報をまとめるアプリ「Future Plus」

パナソニックは、さらに「Future Plus」アプリを「P-07C」に搭載してます。ブログパーツやガジェットのように知りたい情報だけを一つにまとめるアプリです。

20110517082703

フェイスブック、ツイッター、ミクシーなどのSNSや、電車の時刻表や乗り換え、ニュースや占い、天気など、自分が普段使う情報を一つの画面にまとめて、すぐに知りたい情報をゲットできるようにカスタマイズできちゃうのです。これなら複数のアプリを立ち上げたり、ブラウザでネットサーフィンしながら知りたい情報を探すなどの手間が省けそうです。

加えて「Future Plus」は一億通りの背景の中から自由に好みの背景を選べるようになっており、女の子には特に魅力的なアプリではないでしょうか?

その他の機能一覧は以下のようになっています。

20110517083430

以上のようにドコモの新スマートフォン「P-07C」は片手で簡単そうさできるようにあらゆる工夫が施され、さらに自分好みの情報をまとめるアプリ「Future Plus」搭載で、自分流にカスタマイズできるパナソニック初のスマートフォンです。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事