Outlook(アウトルック)で計画停電の予定を一発で取り込む方法!自動で計画停電カレンダーが随時更新!

スポンサーリンク

大震災(地震)による計画停電の予定がどうなっているかを東電のサイトや他の情報サイト確認しながら生活したり仕事をしたりするのは大変ですね。

そこでマイクロソフトのOutlook(アウトルック)やWindows Live Hotmail(ホットメール)を利用している方は、計画停電の予定を一発で取り込むことができるようになりました。おまけに停電の予定が変更されても自動で随時更新してくれます。Outlook(アウトルック)やHotmailで計画停電の予定カレンダーを取り込む方法!

Outlook(アウトルック)やHotmailで計画停電の予定を取り込む方法

マイクロソフトは親切にも素晴らしいスクリプトを無料でダウンロードできるようにしてくれました。カレンダーを取り込んだOutlook(アウトルック)は以下のようになります。日ごとの予定にも取り込まれて、月、週、日ごとのスケジュールで確認できますので、震災による停電を見逃すことがありません。マイクロソフトのOutlook(アウトルック)で計画停電のカレンダーを表示している画像。

手順は以下のようになっています。

  1. 自分が関係する計画停電グループの確認
  2. 計画停電のカレンダーのダウンロード

ではまず

1.自分が関係する計画停電グループの確認

東電管轄エリア内の自分の会社や自宅、避難場所がどの計画停電グループに属するか確認します。

MSN Japanへ行き、該当する都県の「ダウンロード」をクリックして、市町村ごとに確認し、第一から第六のどのグループに属しているかを書き留めます。

計画停電エリアのグループの確認

2.計画停電のカレンダーのダウンロード

再びMSN Japanへ行き、手順1で確認したグループのカレンダーをロードします。

カレンダーの追加とダウンロード。

ダウンロード後に以下の案内にあるとおり、「Microsofto Office Outlook」を選択して、「OK」をクリックします。

プログラムはMicrosofto Office Outlookを選択

すさら「このインターネット予定表を、・・・・接続しますか?」で「はい」をクリックします。これで計画停電の予定表は東電のHPと同期されて更新されるようになります。

ネット接続を許可して計画停電の随時更新を可能にする

Outlookの月の予定表をみるといかがでしょうか?しっかりと停電グループのスケジュールを確認できるようになっています。

計画停電のカレンダーを取り込む方法

気になる時間帯の停電の予定をクリックすると、日ごとの予定表にもしっかり書き込まれていますね。

Microsofto Office Outlookで停電の予定を日ごとに確認。

このようにして、東電とマイクロソフトの協力によって、OutlookやHotmailで東電管轄内のグループごとの停電の予定、しかも立ち上げるたびに更新されるカレンダーをしっかり確認可能になります。これで安心ですね。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事