自動バックアップせよ!「火災で百年の知識が消失」したブラジルの研究所の悲劇の教訓はデータのバックアップ!

スポンサーリンク

ブラジルで100年間の知識の蓄積が火災で消失した。それは、ブラジル、サンパウロの「ブタンタン研究所」での話です。

、PCやサイトのデータのバックアップの必要性

1901創設のこの研究所は蛇の研究で有名とか。世界最大の熱帯性の蛇の標本数(82000点)を誇っていたが、不運にも火災でそのすべてが吹き飛んでしまた。

このニュースで頭をよぎったのは、PCやサイトのデータのバックアップの必要性だ。それも自動バックアップの大切さです。私の経験では、火災によって財産を失う以上の確率で、PCやレンタルサーバ上のデータは失い易いと思っています。しかし、最近データのバックアップを取っていないことに気付きました。そしてあわててデータのバックアップソフトを走らせました。

では、

  • 私が使っているフリーの自動データバックアップソフトとは?
  • レンタルサーバー上のデータのバックアップは?

フリーの自動データバックアップソフト

私が愛用しているのは有名なトBunBackupです。多くの人が使っていると思います。このフリーソフトによってPCの以下のデータを常にバックアップしています。

  • メールとメールアカウント(outlook)
  • 有料のダンロードソフトやアプリ
  • マイドキュメント
  • 家計簿や申告のための帳簿のデータ
  • Wiindows Live Writer のデータバックアップ
  • FFFTPのアカウントデータ
  • ロボフォームのデータ

など、他にもありますが、確実にバックアップを取るようにしています。

BunBackupの自動バックアップの設定

しかし、思い出した時にバックアップを取るようであればあまり意味がありませんね。このフリーのバックアップソフトの醍醐味はタイマー予約で定期的にバックアップすることです。

以下の画像はBunBackupの自動バックアップの設定です。メニューの設定→環境設定→自動バックアップ→スタートアップ の順で設定します。

私の場合は3日に一度程度です。PCを必ず立ち上げている時刻に設定(7:00)していれば、そして当然Windowsのスタートアップに入れておけば安心ですね。(ただし、更新されたものだけを上書きでバックアップしないと時間がかかります)。

BunBackupで自動でバックアップしよう

ちなみにバックアップ先は、データ量が大したことないので、USBメモリ16Gを使っています。とにかく自動のバックアップがいいと思います。

スポンサーリンク

レンタルサーバー上のデータのバックアップは?

私はデータベースを活用したブログツール(WordpressやMovableType)を活用していますので、データのバックアップは不可欠です。

しかし、データベースそのもののバックアップに関してはほとんど無知です。(いずれ勉強する時間を取りたい!)一応レンタルサーバのサービスとしてのバックアップ機能を使ってはいますが、復元方法を試したことがありません。

ですから、MTやWPのツール機能のエクスポート機能しか使っていません。それを用いて、ブログのバックアップにしています。当然ブログ上の画像のデータもFFFTPを使ってPCにダウンロードしています。また、カスタマイズしたテンプレート(テーマ)もそのままダンロードしています。

FFFTPにタイマーが付いていてサーバー上のデータを自動でバックアップできるようにしてくれたらもっとありがたいですけどね。

自動バックアップのまとめ

以上が私のバックアップ方法ですが、お分かりのように自分のPCやUSBメモリに依存しています。さらに確実なのは外部のサーバーなどにバックアップすることですね。

最近では沢山の無料の外部バックアップできるサーバーが登場しています。エバーノート(Evernote)日本語の使い方という記事を書きましたが、これもこれから多くの人によって無料のバックアップツールとして重宝されるかもしれませんね。なんせ容量は無限でドラえもんの四次元ポケットと言われているぐらいですから。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事

コメント

  1. […] 私はいつもバックアップには、BunBackupを使っています。これは非常にシンプルで使いやすくしかもフリー(無料)ですね。 […]