ドコモ新型タブレット端末「オプティマス パッド」(Optimus Pad L-06C」がAndroid3.0採用してとことん多機能

スポンサーリンク

タブレット端末用のOSであるAndroid3.0が発表されて、どの会社が初めにそのOSを使った新型タブレット端末をリリースするか注目されていいましたが、ドコモが先駆けて独自に開発し(LG電子製)発表しました。

その名も「オプティマス パッド」(Optimus Pad L-06C」で、Android3.0の性能を十分に引き出せる仕様にしたようです。
2011年3月28日発表:ドコモは3月31日から発売することに決定しました。(Optimus Padより)

20110224131852

  • では、「オプティマス パッド」(Optimus Pad L-06C」とは

「オプティマス パッド」(Optimus Pad L-06C」

Android3.0のリリース後、NTTドコモが一番乗り・最速でタブレット端末を発売し始めます。LG電子製の「オプティマス パッド」(Optimus Pad L-06C」という新型端末ですが、スマートフォンより大きい高精細のディスプレイ(8.9インチ)の潜在能力を十分引き出せるAndroid3.0を採用しただけに、かなりの高品質映像が楽しめるように設計されいるそうです。ドコモによるとこのタブレット端末は「エンタテインメント・タブレット」というコンセプトだそうです。「とことん楽しんでください!」という願いが込められた「オプティマスパッド」です。 NTTドコモ

スペック

そのためには頭脳と心臓部が大切ですが、CPUは1GHzのDual-Core(デュアルコア)採用の高スペックですからサクサク動作します。

重さ

また重さもこだわっていて高スペックでありながら、620gの軽量を実現。これはiPadの680gに比べて一回り軽い感じでしょうか。

通信

「オプティマス パッド」の通信機能は、下り最大7.2MbpsのFOMAハイスピードの高速パケット通信を採用して、Wi-Fi無線もしっかり対応。公共の無線LANだけでなく、家庭のWi-Fi通信によるブロードバンド接続も可能です。

さらにBluetooth通信も目玉で、Bluetooth対応の携帯電話、PC、カーナビ、イヤホンなどとの無線での可能です。個人的には屋外でのイヤホンがコードやケーブル無しで音声を楽しめるのがいいですね。

20110224141029

充実機能

他にも、iモードのメールアドレスがそのまま使える「spモード」機能を搭載し、ドコモマーケットから様々なコンテンツやアプリを有料・無料でダウンロード可能。GPSも搭載していますから、位置情報システムを利用したアプリやサービスを利用できそうです。ネット閲覧機能快適で、Android3.0の性能をフルに生かし、タブ機能対応のウエブブラウザを搭載しています。

カメラも外と内側についており、外側は3D撮影可能な500万画素のカメラ2つ、内側は200万画素のカメラ一つです。内側はWebカメラとして使え、テレビ電話やスカイプのビデオ通話などできそうですね。

20110224141123

また、電子書籍もペラペラ雑誌のようにめくれ、ドコモの「2Dfacto」や「E★エブリスタ」からダウンロードしたコンテンツを快適に読めるようです。20110224140928

オプションのスタンド

オプションも充実していて、別売りの「オプティマス パッド」専用のスタンド「チルト式レザーケース L01」なら、利用シーンに合わせて角度を3段階に自由に調整可能です。便利なのは、スタンドにセットしたままで充電なども可能になっていることです。

発売日は2011年3月下旬になりそうです。もうしばらくお待ちください。2011年3月28日追記:ドコモは3月31日から発売が決定。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事