「Opera」v10.60最速ブラウザがさらに高速化!1.5倍のJavaScript実行速度やHTML5のWebM対応

スポンサーリンク

「Opera」v10.50で不動の世界最速の高速ブラウザとしての地位を確立しましことは、「Opera 10.50」を使ってみたらスゴイ!むちゃ速いぞ!IEの10倍以上だったで紹介しましたね。

その世界最速のブラウザ「Opera」がまた、速度を速めてバージョンアップ版「Opera 10.60」正式版が登場しました。目玉はやっぱり速さですね。

バージョンアップ版「Opera 10.60」正式版が登場

その「Opera 10.60」正式版の特徴は?

1.5倍のJavaScript

JavaScriptの動きがOpera 10.50に比べると1.5倍になりました。というよりOpera 10.50も一瞬で表示されていましたので、1.5倍になったということはあまり実感できません。

当然、IE8などと比べると、かなり速いのは間違いありません。10倍以上の表示速度と感じています。

スポンサーリンク

新HTML(HTML5)対応

ビデオタグのHTML5は話題になっていますが、Opera 10.60 で早速対応されています。WebM形式の動画をOpera 10.60ではなんなく再生できるようになっているそうです。

さっそくOpera 10.60でYouTube – Broadcast Yourselfに移り、HTMLのビデオタグが使えるようにしてみました。「HTML5ベータ版を有効にする」をクリック。

新HTML(HTML5)のWebM形式の動画対応のOpera 10.60

YouTubeのトップページへ行って、リアルタイムで最も再生されているであろうニュース動画をプレイしてみましたが、難なく再生できました。しかし、HTML5のWebM形式の動画再生のメリットを体感できるまではいきませんでした。(YouTubeではHTML5の対応はβ版ですので、正式対応ではありませんので注意)

Geolocation をサポート

Geolocation をサポートしているサービスやコンテンツがちらほら出ていますね。日本ではまだまだのようんですが、Opera 10.60 ではこれらのサイトを首尾よく活用できるようになっています。

Geolocation をサポートしているOpera 10.60

にほんで自分のIPアドレスなどを割り出されて、気持ち良くサービスを受ける人はまだあまりいないと思いますね。この新機能はあえてパスしたい人も多いでしょうね。

まとめ

Opera 10.60はとにかく最速はさらに早くなった新ブラウズでることが最大の魅力だと思います。ネットをとことん楽しみたいと思っている人ははやり速さですからね。

まだOpera 10.60の速度で快感を味わっていない人は、 Opera | 高速かつ安全な多機能ブラウザ | 無料ダウンロード からどうぞ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

関連記事
スポンサーリンク