3G対応!「OCNモバイルエントリーd LTE 980」をドコモLTE(Xi)非対応モバイルルータで利用する方法

スポンサーリンク

ドコモのLTE(Xi)対応ではない海外製モバイルルータ「Huawei E586」(ファーウェイ製)で「OCNモバイルエントリーd LTE 980」を利用してみました。公式にはFOMA(3G)には対応していないとのことですが、カスタマーサービスの方にFOMAで受信する方法を教えていただきました。格安「OCNモバイルエントリーd LTE 980」のお勧め点と、FOMAでの利用法を以下にメモします。

「OCNモバイルエントリーd LTE 980」レビュー

2013年5月24日追記

「OCNモバイルエントリーd LTE 980」の3G端末への対応は5月23日から正式にスタートしておりました。

加えて同日より、iPhone5なので利用される「nanoSIM」対応や、一日の通信量30MBを超えた場合に設定されるスピード制限100kbpsが200kbpsへ増量されました。

現時点で最強のモバイルプランと思われます。

以下に、このプランの利用手順と、3G(FOMA)対応のモバイルルータの設定方法をまとめてみます。


「OCN モバイル エントリー d LTE 980」を3Gで利用

「ServersMan SIM 3G 100」が月額ワンコイン(490円)なのは助かりますが、あまりの遅さにイライラ。(月額490円の「ServersMan SIM 3G 100」の設定方法|アマモ場

そこで最近評判の 「OCN モバイル エントリー d LTE 980」をAmzonで購入して利用してみることにしました。

費用・・・このモバイルプランは、まずAmazonでSIMカードを購入します。価格は3150円です。開通手続き後、月額は980円です。利用開始月は無料で、開通日から月末までが10日以内なら、翌月まで無料です。

回線スピードと制限・・・LTEの高速回線にるデータ量が1日30MBを超えると、当日23時59分までスピード制限200Kbpsへ。翌日にはリセットされ、再び30MBまでLTE(Xi)のスピードでインターネットを堪能できます。あまり外出しない方はこれで十分だと思います。

私が利用したモバイルルータはSMIロック解除済みの「Huawei E586」で、4G対応といえどもドコモのXi(クロッシ)には非対応。そこで3G(FOMA)に設定して利用してみました。(公式にはFOMAには対応していないとのことですが、カスタマーサービスの方に、FOMAで受信する方法をを教えていただきました。)以下のとおり、「ServersMan SIM 3G 100」の10倍の速さが出ております。

image

利用手順

では以下に「OCN モバイル エントリー d LTE 980」の回線開始手続とFOMAでの利用設定方法を紹介します。

まず、手持ちの手持ちのモバイルルータやSIMロック解除スマフォのに合わせて、Amazon の標準SIMかマイクロSIMを購入します。

手元にSIMカードが届いたらパッケージの以下の「発信者番号」と「端末製造番号」をメモします。

image

OCN プロバイダ(インターネット接続)へ行き、「利用申し込み」をクリック。

image

上でメモしたパッケージの「発信者番号」と「端末製造番号」を入力します。

image

確認画面で、「次へ」をクリックします。

「OCN モバイル エントリー d LTE 980 重要事項のご案内」に同意して「次へ」。

image

申し込み本人の名前、電話番号、住所、郵便番号、メールアドレスを入力。様々なオプションはご希望でどうぞ。

image

クレジットカード情報も。(月額980円です)

image

入力事項を確認する画面もOKします。以下の「認証ID」と「パスワード」をメモ。これ大切ですよ。

image

3G(FOMA)対応のモバイルルータの設定方法

利用したモバイルルータはSIMロック解除済みの「Huawei E586」です。(ドコモLTE つまりXi対応の激安モバイルルータはPLANEX Xi対応 LTEモバイルルータ MZK-MR150 の評判がいいみたいです。 )

モバイルルータに「OCN モバイル エントリー d LTE 980」のSIMカードを装着します。

image

モバイルルータをパソコンと接続。

image

自動でソフトがダウンロードされます。

image

AutoRun.exeを走らせます。

image

設定ツールをインストールします。

image

「I agree.」つまり同意してインストールを「Finish」させ、デスクトップのショートカットのアイコン「MobileWiFi」を起動。

image

  ブラウザで立ち上がった設定ページに、パスワード「admin」でログインします。

image

  「Connection Status」の「Profile Management」へ。

image

「NewProfile」をクリック。

image

「Profile name」はわかりやすく適当に設定。上記で開通手続きの際に発行された「認証ID」と「パスワード」をそれぞれ「User name」と「Password」に入力して、CHAPにチェック。
このままではLTEを探しに行くにで、APN:を「Static」にして「3g-d-2.ocn.ne.jp」に接続するように設定します。(Xiに対応していないモバイルルータの場合は、これでFOMA(3G)を利用できると、OCNのカスタマーサービスに教えていただきました。)最後にSave。

image

最後に「Mobile Connection」から「Profile name」を上記で登録したプロファイルに変更して「Apply」をクリック。

image

これで「OCN モバイル エントリー d LTE 980」をXiではなく、3Gで利用可能になりました。

image

以上が大人気の「OCN モバイル エントリー d LTE 980」をドコモLTE(Xi)非対応のモバイルルータで利用する設定方法でした。

あくまでもXiのスピードを生かすつもりなら、Xi対応の激安モバイルルータ「PLANEX Xi対応 LTEモバイルルータ MZK-MR150 」がおすすめです。レビューには「安かろう悪かろう」という声はほとんどありませんでした。

なお、980円以下で利用できる各社のSIMカードを以下の記事で比較しております。

月額980円以下で利用できるLTE対応SIMカードの比較!お勧めは?

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事