新しい Office 2014 登場!2つのプランのどこが違うの?

スポンサーリンク

Windows 10 の発表に沸いている世界のテック界隈ですが、日本では新しいOffice「Office 365 Solo」と「Office Premium」が2014年10月17日に発売されると発表されました。でもその違いがイマイチ分かりにく部分がありますので、以下にまとめてみました。

新しいOffice登場

日本はMicrosoft Office をプリインストールしたPCが世界一だそうです。ですからMicrosoftが日本版Office製品に力を入れるのは当たり前。しかし発表された新Officeの製品構成と利用期間ならびに料金体系は複雑です。

今回は定額制のクラウドである個人向け「Office 365」の抱き合わせが特徴です。

Office 365 Solo

まず、個人向けのプラン「Office 365 Solo」です。年間18,000円で利用できる定額制つまりサブスクリプションを採用しています。月換算では1,500円となります。このプランでは以下が利用可能です。

Office 365 Solo

MacやWindows を問わず2台までインストールできるデスクトップ用「Office」(Word, Excel, Outlook, PowerPoint, OneNote, Access, Publisher)が利用可能です。現在の Office Professional エディションと同等です。利用期間内であれば常に最新のバージョンを使えます。

また「Office for iPad」は2台まで、iPhoneやAndroid端末で利用できる「Office Mobile」は台数無制限で利用可能。

さらに、クラウドサービスとして「Office 365」や「One Drive」も利用可能です。容量は1TBまで。

おまけとて無料のIP電話「Skype」も60分/月まで無料で可能となっています。ただし国内電話は固定電話のみ。

Office Premium

2つ目は日本独自バージョンである「Office Premium」です。こちらはPCと抱き合わせて販売されるプリインストール版と言えば分かりやすいと思います。ライセンスは永久でバージョンアップは可能。しかしプリインストールされたPCでしか利用できないため、事実上PCの買い替えで契約満了となります。

Office Premium

各エディションは以下のように従来通り。

  • Personal・・・Word, Excel, Outlook
  • Home & Business・・・Word, Excel, Outlook, PowerPoint, OneNote
  • Professional・・・Word, Excel, Outlook, PowerPoint, OneNote, Access, Publisher

「Office Premium」にはおまけとして、「Office 365」や「One Drive」(1TB)を1年間利用可能です。「Office 365」をその後も利用したい場合は年間5,800円のライセンス更新料が必要です。。

なお「Office 365」は「Office for iPad」が利用できるので、iPadとWindows マシンを利用している私のようなユーザーには魅力的なわけです。

この「Office Premium」は早速、出荷が遅れていた Cori 3 を搭載したモデルを含めた「Surface Pro 3」にプリインストールして発売される予定。しかも価格は据え置きです。Windows 派の私にはかなり魅力的なマシンになりそう。

以上新たに日本で発売される新Office の2つのプランのまとめでした。前述の「Office 365 Solo」は盛りだくさんで、個人事業向けといった感じですね。クラウドでバリバリOffice を利用するユーザには年間18,000円はお得ではないでしょうか!

一方WordやExcelを時々利用してる程度のWindows派は新しいPCにプリインストールされて出荷される「Office Premium」の「Home」エディションを利用したほうが経済的と感じます。

いずれも最新のOfficeを利用したい方向けです。2013年バージョンならPCを買い替えても利用できますから、私はしばらくはこのままで大丈夫かな?

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事