Gmail(Gメール)から直接通話可能なGoogle Voice(グーグル・ボイス)登場し日本でもサービス開始

スポンサーリンク

Skypeがパソコン同士で電話を可能にしたが、今度はGoogleのGmailの管理画面から直接、固定電話や携帯に電話をかけられるサービス「新Google Voice(グーグル・ボイス)」が米国、そして2011年8月に日本でも始まったようです。先行するIP電話のSkypeを確実に脅かしそうです。Skypeより割安だからです。

「新Google Voice(グーグル・ボイス)」のGメールから携帯電話へ掛けられるサービス開始。では、

  • Gmailの通話サービス「新Google Voice(グーグル・ボイス)」の料金は?
  • 日本でのサービス開始は?

「新Google Voice(グーグル・ボイス)」の通話サービスの料金は?

このグーグルのGメールの管理画面から、つまりGoogleのアカウントまたはGoogle Voiceの電話番号から直接(マイクを通じて)、携帯電話や固定電話にかけられるサービスは米国でスタート。米国内やカナダへの通話はなんと無料だそうです。

しかし、米国からの通話、たとえば、英国、フランス、ドイツ、中国、日本などへは、通話料金を1分2セントになる予定だそうです。つまり一分2円以下です。激安の国際電話になりそうです。

「新Google Voice(グーグル・ボイス)」の料金体系

ガジェット通信によると、日本では、携帯へは0.11米ドル/分(約8.6円)、固定電話へは0.02米ドル/分(約1.6円)です。スカイプの通話料は、固定電話へは3.22/分、携帯電話へが17.6円/分ですから、スカイプより安そうですね。当然ですが、スカイプ同士は無料です。YOMIURI

音声の明瞭度

しかもSkypeなどよりはずっと通話も鮮明にするとのこと。かなりSkypeを脅かすことは間違いないです。Gメールを使っている人は、世界中に数億いますからね。

スポンサーリンク

日本でのサービス開始は?

日本での「新Google Voice(グーグル・ボイス)」のサービス開始はいつになるのだろう?

日本でもGメールの利用者は圧倒的な数に上っていますので、Gメールユーザーは心待ちにするでしょう。しかし、日本の電話接続事業はかなり複雑ですね。NTTが電話事業の基幹部分を掌握していますので、NTTを動かす必要が出てくるのですね。

またヤフーの親会社ソフトバンクも、IPフォン事業をやっていますから、商売敵のグーグルが「新Google Voice(グーグル・ボイス)」の日本でのサービス開始に真っ向から反対では?

しかし、いずれ日本でも、このGメールから直接、携帯や固定電話に通話を可能にするサービスが始まるでしょうね。そう望みます。

2011年8月4日追記:上記でも述べたとおり、すでに日本でのサービスが開始されています。 Gmail から通話しよう

スポンサーリンク

フォローする

関連記事