ネット電話の「スカイプ(Skype)」基本無料のまとめ!無料と有料になるケースは?お勧めの定額プランとは?

スポンサーリンク

2011年3月14日追記:Skypeは東北地方太平洋沖地震の被災者支援として、WiFi ネットワーク「Skype Access(スカイプアクセス)」を当面の間、無料で利用できるようにしました。詳しくは以下の「Skype Access」より
ネット電話でも無料のスカイプ(Skype)は今や、PCでビジネスをしている人にとってはなじみが深いものですね。しかし最近は、auのスマートフォン「IS03」やiPhoneにもでもスカイプ用のアプリ(auなら「「Skype au」)をインストールして使えるようになりさらに、関心が高まっているようです。

ネット電話の「スカイプ(Skype)」基本無料のまとめ!

それで今さらではありますが、基本無料のネット電話であるSkypについて覚書を以下にまとめてみます。では、

  • スカイプ(Skyp)とは?
  • 無料と有料の通話と

スカイプ(Skyp)とは?

このネット電話は、いわゆるIP電話の一種で、音声信号をデータの形に変換して、インターネットで送信し、電話機で再び音声信号に戻すことですね。それを一般の電話機ではなく、パソコンや今話題のスマートフォンにスカイプ専用ソフトをインストールして使えるのがこのネット電話のSkypeです。

スポンサーリンク

無料と有料の通話とは?

このネット電話は基本無料と強調されていますが、すべてが無料ではないことには注意ですね。

無料・・・

20101205185537

基本無料となるこのネット電話のスカイプは、あくまでも、スカイプ同士の通話です。普通のプロバイダ経由のIP電話は最初と最後は音声通話ですから一般の電話回線を使う分、有料になってしまうのです。

有料・・・

上記のように、電話回線を通す場合はどうしても有料になってしまうようです。つまり、パソコンでスカイプ電話を一般の固定電話にかける場合や、携帯電話にかける場合がそれですね。
発信側がネット電話でも、着信のほうが普通の音声電話なら有料通話なるわけですね。
この場合、国際電話は格安になります。というのは途中は費用のかかる電話回線でななく、データ回線となりますから。これがネット電話のいいところですね。

スカイプ ⇒ スカイプ 無料
スカイプ ⇒ 一般の固定電話 有料
スカイプ ⇒ 一般の携帯電話 有料

定額の有料プランがお勧め

スカイプを使い倒して、音声通信費用を抑えたい方は、定額の有料プランがお勧めです。以下の表にある通りです。

日本の固定電話へ 日本の携帯電話へ 米国(固定と携帯)
1時間 130円 900円 130円
120分 235円 1600円 235円
400分 500円 500円
無制限 690 690円

私の場合は、やっぱり120分の月額プランがいいでしょうね。家族皆で使っても月に2時間は超えないでしょうからね。

2011年9月15日追記:最新の料金の発表が日本語のスカイプのブログで明らかになっています。
image

スカイプでできないこと

しかし格安なネット電話のスカイプでもできないことががありますね。

  • 110番や119番などの緊急電話は今のところ不可能。
  • 一部の電話へも通信不能。
  • ネットの一時的なトラブルで不通になったりする場合がある。

などです。

「Skype Access(スカイプアクセス)」

スカイプはWiFi経由(公共無線LAN)でも接続できる「(スカイプアクセス)」もあります。マクドナルドや繁華街などで提供されている無線LANのアクセスポイントの電波を受信できるところで利用可能です。使える公共無線LANのアクセスポイントの一例としてBBモバイルポイントから確認できます。

「Skype Access」の使い方は簡単で、上記からアクセスし、ページ上部の「Skypeをダウンロード」をクリックして、該当するスマートフォン(アンドロイド端末か、iPhoneか)やPCのOSのタイプなどを選択。

image

その後、利用可能なWiFiネットワークを選択します。詳しくはSkype wifi Accessより。

さてパソコンでスカイプを利用するためにはヘッドセット、つまりヘッドホンとマイク一体になったものが主流ですね。両手が空くのでパソコンで利用する人のほとんどが利用されています。USB接続タイプならほとんどのPCにつなげまが、ノイズが入らないように工夫されている サンワサプライ USBヘッドセット MM-HSUSB10W (モバイルからは ⇒サンワサプライ USBヘッドセット MM-HSUSB10Wが一番人気のようです。是非お試しあれ。

(モバイルからは ⇒

以上ネット電話のスカイプのまとめでした。次回はスカイプの使い方などをまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事