全国の放射線量が分かりやすいマップ登場

スポンサーリンク

先ほど、このブログで全国の放射線モニタリングポストの値を示すソフトの紹介をしましたが、NAVERがWeb上のマップに全国の放射線量の値を表示するサービスを開始しました。これは一目瞭然で非常に分かりやすいですね。

image

全国放射能情報マップ

今回「NAVER」(ネイバー)始めた全国放射能情報のサービスは、毎日数時間置きに発表されている全国都道府県のモニタリングポストの値を放射線レベルに基づいてアルファベットと色わけで表示しているものです。

関心のある都道府県をマップで表示すれば現在の線量レベルが分かります。上のマップは昨日の測定値ですが、茨城県の水戸では放射線レベルが「F」になっています。カーソルを当てると詳しい情報がポップアップ表示されます。グラフには分かりやすく、ピーク時に比べてかなり放射線量が低くなっていますね。

この「F」という値はどの程度レベルなのか地図の下に文部科学省が表した一覧表でわかります。地図の下の表によりますと、「F」は一人が自然界から一年間に受ける放射線の量に匹敵するようです。

image

他にも、全国水道水放射能測定値 から全国の水道局で測定された放射線の測定値を一覧表で確認できますし、

image

放射能Q&Aからは、放射線や原発に関する疑問の答えを無料で読むことが可能です。

image

放射線に関する情報は風評被害を受けやすいので、このような正確な情報を提供しているサイトなどを信頼して行動する必要があることが分かります。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事