グーグルのクラウド音楽管理サービス「Music Beta by Google」はアンドロイドスマートフォンとの相性抜群

スポンサーリンク

ロッカーと言えば職場や学校で個人の私物をまとめて保管・管理するものですが、個人用の音楽ファイルを保管・管理するものは「音楽用ロッカー」というわけですね。

グーグルは「音楽用ロッカー」ともいうべきクラウド音楽管理サービス「Music Beta by Google」(ミュージック・ベータ・バイ・グーグル)を米国で開始しました。

20110512081119

このクラウド音楽サービスの便利な点は、スマートフォンなどのアンドロイ端末で沢山の音楽を聴く人にはかなり重宝するようです。

グーグルの「クラウド音楽サービス」

米国で試験運用が始まっている「Music Beta by Google」はまさに「音楽用のロッカー」と言えるかもしれません。

この音楽管理サービスはグーグルのクラウドサーバーが音楽用ロッカーとなり、これまで自分のPCやスマートフォンで別々に保存管理していた音楽だけでなく、個人のCD音楽もまとめて、「Music Beta by Google」上にアップロードして保存・管理できるようになります。

20110512081306

そして音楽のリスト(プレイリスト)が全ての端末で同期できるの、聞きたいときは、自宅のPCからでも、外出先でAndroidスマートフォンやタブレット端末からでもオンラインで聞けるようになります。

20110512081234

素晴らしいのはネットに接続できない状態(オフライン)でも聞けるように、最近聞いた音楽やお気に入りアーティストやアルバムは自動でダウンロード可能です。

20110512081326

以上のようにグーグルのクラウド音楽サービス「Music Beta by Google」なら、

スポンサーリンク

クラウドで一括管理が便利

これまでPC、外部ハードディスク、スマートフォン、CDに音楽をばらばらに保管管理していたものもは全てグーグルのクラウドコンピューター中へ放り込みさえすれば、あとはグーグルが一括管理してくれます。音楽を聞きたいときは、どこからでもアクセスし再生可能になるわけです。

ちなみにクラウド音楽サービスは、Amazon(アマゾン)が「Amazon Cloud Player」を米国ですでに始めており、Appleも間もなく同種のサービスを始めるようです。しかし、スマートフォンはアンドロイドが優勢なので、この種のサービスではグーグルの「Music Beta by Google」がかなり優位ですね。日本でのサービス開始が待ち遠しいです。

今のところグーグルから招待された方のみが試験運用に参加できるようですが、ぜひβ版でもいいので利用の招待を受けたい方は、Music Beta by Googleから、グーグルのアカウントでログインして申請できます。

image

しかし日本から招待されるかどうかわかりません。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事