充電も可能な「iPhoneプロジェクター」はモバイルプロジェクターの決定版!カバー一体型でコンパクト!

スポンサーリンク

これはスゴイ!iPhoneを一回フル充電可能な、カバーとして装着するモバイルプロジェクターが登場しました。仕事の営業でプレゼン時に、iPhoneで動画や画像をスクリーンしたり、友達や家族皆でyoutube動画などを視聴でる「iPhoneプロジェクター」(サンワサプライ)です。

image

「iPhoneプロジェクター」

iPhoneをプロジェクターにするキットは最近多いようですが、今回発売された「iPhoneプロジェクター(iPhone4・iPhone4S対応・バッテリー内蔵・一体型)400-PRJ011」は、カバー一体型のプロジェクターです。

カバーにあらかじめDockコネクタが装備され、動画や映像などを壁やスクリーンに投影可能なプロジェクターです。

image

モバイルプロジェクターは暗いというイメージがありますが、この「iPhoneプロジェクター」は最大12ルーメンという明るい映像で投影されます。(スクリーンサイズは7~65インチ、解像度は640×360dpi。)約壁から50cmから3mまで離れた状態で鮮明に見れるようです。ただし、文字が小さいと読み取れないようですが・・・。

image

おまけに「iPhoneプロジェクター」はスピーカーも内蔵しているので、部屋がまさに映画館になったりホールになったりします。もちろんイヤホンでも聞けます。

操作はすべて片手で可能になっており、このプロジェクターを付けたままでカメラ、イヤホン、ボリューム調整、電源切り替えもできます。

image

一回の連続投影時間は、2.5時間です。すごいのは、バッテリーも兼ねているので、iPhoneを一回分はフル充電できるという点ですね。本体への充電はパソコンからできるUSBポート式です。

予備のバッテリー付きカバーとして利用するにはちょっとかさばる厚さですが、しばしばiPhone4や4Sをプロジェクターとして利用する機会が多い方には、かなり役立つアイテムになりそうです。詳しくはiPhoneプロジェクターからどうぞ。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事