ミクシィページ(mixiページ)の作り方の手順とは?twitterとの連携や同時投稿が便利!

スポンサーリンク

世界的にフェイスブックが断然優先ですが、日本ではミクシィ(mixi)が圧倒的に優勢ですね。したがって、フェイスブックページを使う個人や企業も「ミクシィページ(mixiページ)」にシフトしていくかもしれません。ミクシィページとは、日記やつぶやき(ツイート)、ニュースフィードを簡単に更新できるだけでなく、ツイッター(Twitter)との連携でつぶやきを同時投稿できるのがいいですね。ブログの更新情報もTwitterへの投稿だけで済みそうです。

そこで早速、我がニュースサイト「Webと人とのアマモ場」出張ミクシーページを作ってみました。その作り方の手順を以下に分かりやすくまとめてみました。ツイッターとの連携方法も分かりましたで同時にシェアします。

image

ミクシィページの作り方

フェイスブックページより簡単にできるミクシィページ(mixiページ)です。ではさっそくmixiページnaviへ行き、右下から「ページ作成」をクリックします。(当然、前もってmixiのIDを習得してログインしておく必要があります。)

image

以下のようにミクシィページの名前、カテゴリ、公開範囲などを指定します。私の場合はサイトやブログの出張ページですから「Web・インターネット」にしました。

image

その後、最終確認すると、以下のようにmixiページの作成が完了します。これでひとまず登録はOKです。

image

ミクシィページのフォロー

作ったばかりなので誰もフォローしていません。ページの管理人自身もフォローできそうなので、「フォローする」をクリックしてフォローします。そうすると無事にフォロワー一人をゲットできました。

image

ページ設定

魅力的なミクシィページにするために、様々な基本設定が必要です。右の「ページ編集・管理」のメニューから、「基本設定」「公開範囲」「デザインの変更」「メニューの設定・編集」が可能です。

image

「基本設定」

まず「基本設定」ですが、ここから「プロフィール写真」をアップロードできますし、「ページの説明」「ホームページ」のURL(PC、携帯、スマートフォン)「詳細」を設定可能です。私のサイトはモバイルとPCはすべて同じURLでアクセスできすので同じになっています。

image

image

最後に「変更」を確定して基本設定は終わりです。

image

「公開設定」

公開設定は大切ですがミクシィページはフェイスブックのように複雑ではありません。私の場合はすべて公開です。すなわち検索エンジンにもインデックスされミクシィ会員でなくても閲覧できるようになっています。

image

公開「年齢制限」は「制限無し」です。怪しいサイトではありませんから。

image

「URL設定」

ミクシィページはFacebookページのようにURLを短く変更できます。しかしフォロワーが50人以上いないと変更は不可です。我がページをフォローしてくれる親切な人を待ちたいと思います。[mixi] Webと人とのアマモ場の最新情報からフォローお願いします。

image

「デザイン変更」も可能です。PCやモバイルのテンプレートもここで変更できます。

image

管理ページへのアクセス

さて、作成済みのミクシィページへ管理ページへのアクセス方法です。基本的にはミクシィIDでログインしたのちに、左サイドバーに管理しているmixiページ一覧がありますのでクリック。

image

そこから該当するページをクリック。

image

先ほど作成したミクシィページの管理画面に入ることができました。

スポンサーリンク

利用法

ではさっそく、ミクシィページの利用法として、つぶやいたり日記を付けたりしてみましょう。またTwitterとの連携もここで行ってみます。

新着「つぶやく」

管理ページから新着として、今の自分を「つぶやく」ことが可能です。以下の通り。

image

ミクシィページのニュースフィードに表示されます。

image

「日記」

日記も作成できます。左のメニューから「日記」を選び、

image

ブログの日記のようにタイトルと記事を作成します。画像やyoutube(動画)、絵文字なども挿入可能です。

image

最後に「作成する」をクリックして、日記をアップします。

ちなみに日記は、一般公開されていず、mixiにログインしたmixiユーザーが閲覧できるようになっています。

Twitter(ツイッター)との連携と同時投稿の方法

ミクシィページのいいところは、Twitterとの連携です。左のサイドバーから「Twitter連携」から可能です。連携方法は以下の3つ。

  • 相互に転送(同期)する。しかし一方を削除しても他の一方はそのまま。
  • Twitterへの投稿を、ミクシィページにも投稿
  • ミクシィページの新着情報をTwitterにも投稿

連携方法は、上記の3つのパターンから一つを選び、「設定する」をクリック。

image

Twitterアプリを認証します。

image

これで、Twitterへのブログ更新情報のツイートがミクシィページにも反映されるようになります。ただし@やRTはミクシィページへは反映されませんのでご注意ください。

以上が新しく始まったミクシィページ(mixiページ)の作り方とTwitterとの連携方法でした。他にもQ&Aやホワイトボード機能などがあります。しばらく研究してみたいですね。なお、法人アカウントはアクセス解析までできる充実機能を使えるそうです。この点はフェイスブックページとは違います。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事