タブレット端末を受話器化できる「mini phone BT-Phone01」が使える!

スポンサーリンク

iPadなどのタブレット端末やPCを受話器として使える便利な近距離無線Bluetooth(ブトゥース)対応の受話器 mini Phone「BT-Phone01(白/黒」が登場しました。これでネットにつながってさえいればスカイプ(Skype)で音声通話が楽にできそうですね。

Bluetooth(ブトゥース)対応の受話器 mini Phone「BT-Phone01白

iPadやアンドロイド搭載のタブレット端末ではすでに、スカイプのアプリがインストールできるようになっていますね。さらに3G回線やWi-Fi接続でインターネットにつながっていさえいれば、格安で音声通話が楽しめます。しかし、タブレット端末を持ちあげてマイクに向かって話、イヤホンで相手の話を聞くのは面倒ですね。 mini Phone「BT-Phone01の黒

しかし今回発売された「Bluetooth Ver.2.1+EDR対応 mini phone 『BT-Phone01W/B』」なら受話器のように普通にスカイプ電話出来ます。

Bluetoothですかは一度ペアリングさえしておけば、あとはタブレット側のスカイプが起動してさえいれば、いつでも携帯電話のように音声通話ができるのがいいですね。本体側(接続するPCやタブレット端末)の電話帳リストと同期が可能な電話帳機能もあり、有機ディスプレイで通話先を検索したり履歴を確認したなど、普通の携帯電話のようにように使えそうです。

とにかくBluetooth機能とネット接続できていさえすればスカイプが使えますので、タブレットPCだけでなくノートパソコンなどでも使えるわけです。(スカイプについてはネット電話の「スカイプ(Skype)」基本無料のまとめからどうぞ。)

さらにmini pho本体にφ3.5mmのヘッドホン端子があり、そこにハンズフリーにもでき、”ながら電話”も可能になるようです。音楽も可能

20110408153237 20110408153309

電源は基本バッテリーで連続待ち受け時間は100時間、連続通話は6時間まで大丈夫です。忘れたころにバッテリー切れになりそうですね。その他、製品仕様は以下の通り。20110408152529

これからタブレットPCをフルに使う方、また通話はPCによるスカイプが中心の方はかなり重宝するPC周辺機器グッズになりそうですね。

値段も参考価格が5000円ですが、 プラネックスコミュニケーションズ Bluetooth Ver. 2.1+EDR対応 mini phone(ブラック) BT-Phone01B (モバイルからは ⇒プラネックスコミュニケーションズ Bluetooth Ver. 2.1+EDR対応 mini phone(ブラック) BT-Phone01Bからお求め安くなっています。色は黒と白の2種類です。

(モバイルからは ⇒

スポンサーリンク

フォローする

関連記事