Livedoorブログに内部SEOを施そう!その一環としてカテゴリーのメニューバーを入れる方法

スポンサーリンク

今日はこのブログでお世話になってりるLivedoorブログのカスタマイズメモです。内部SEOの一環として、カテゴリーのメニューバーを復活させてみました。「でもなぜ今さらメニューバーを?」という声が聞こえてきそうですが、続きは以下から。

Livedoorブログに内部SEO


メニューバーは内部SEOにおいて重要

今でも外部リンクを増やすことはSEOの有効な手段であることに間違いありませんが、ブログ運営者としてリンク購入はご法度ですね。

そこでSEO界隈では、内部SEOやコンテンツSEOに力を入れることが重要と言われています。その「内部SEOを軽視してはいけませんよ!」というメッセージが直接Googleからだけでなく、多くのSEO関連サイトから出ております。

SEO内部対策で検索流入数を一日で30%増加させた時に行った20の事

実際に外部リンクに一切頼らず、内部SEOとコンテンツだけに力を入れてビッグキーワードで検索ランキング3位まで上り詰めたTABROOM(タブルーム)があります。

そのサイトの仕掛け人が施したSEO対策に関してイケハヤ書店 では以下のようにありました。

あえて外部リンクを一切やらずに、内部対策とコンテンツ対策だけで、検索エンジン上位を狙ってみよう、と。その結果、わずか数ヶ月で「家具」というビッグワードで3位の表示を取ることができました。

「おっと、これはすごい!」と思いながら、そのサイトを確認すると、まず目に飛び込んで来たのは、上部メニューバーにカテゴリーとサブカテゴリーがびっしり。もちろん、サイドバーにもカテゴリーアーカイブが表示されているのですが、どう見てもトップメニューのほうを重視しています。

また、カテゴリーアーカイブでは開いているページがメニューのどの階層(位置)に所属しているかもしっかりナビゲートされています。

2014-02-20_13h57_16

(製品ページには、メニューバーはありませんが、しっかりパンくずリストでナビゲートされています。)

2014-02-20_13h55_13

その他、細かいところを言えば、ヘッダーやメタタグなど様々な要素がありますが、メニューバーでカテゴリーをしっかり表示することは内部SEOでは肝要と言えうです。(←昔からそうだったと思うけど。)

Livedoorブログでメニューバーを入れる方法

Livedoorブログの公式テンプレートはしっかり内部SEOが整っていると思うんですが、このブログはオリジナルテンプレートです。ですから、内部SEO対策としてメニューバーを各ページに入れるためには、以下の独自タグを所定の位置に挿入しなければなりません。

<$MenuList$>

その詳細はメニューバーを既存のデザインに追加する – livedoor Blog ヘルプセンター にしっかり記述されております。

我がブログでは、以下のように、トップページ、個別記事ページ、カテゴリアーカイブ、月間アーカイブのすべてにメニューバー用のタグをいれました。

2014-02-20_14h12_57

CSSも以下のようにいじって、ブログデザインに合わせました。

2014-02-20_14h19_03

次に忘れてならないのは、メニューに入れるカテゴリの指定です。「ブログ設定」から「メニューバー」へ行き設定します。(Livedoorブログのメニューバーはカテゴリだけでなく、任意のURLも指定できるグローバルメニューとしての機能があります。)

2014-02-20_14h38_36

まとめ

これまで、SEO内部対策というよりは、広告の最適化に重点を置いてきたので、上部のメニューバーは省いていました。しかし今回改めて、内部SEOの一環としてナビゲーションメニューの大切さを教えられたわけです。

最近は外部リンクの評価が下がっていると言われています。そこで、コネもお金もない我が弱小ブログもしっかり内部SEOを施すことによって、検索エンジンの評価が少しでも上がればと願ってやみません。

以下にブログデザイン変更前と変更後の魚拓をとっておきます。

Before ↓

image

After ↓

image

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事