スマートフォン紛失対策に「McAfee WaveSecure」(マカフィー ウェーブセキュア)が使えるかも!データ保護と追跡可能

スポンサーリンク

スマートフォンは携帯と同じほど紛失しやすいのは想像に難くありませんが、ノートPCの15倍以上の確立で紛失しているそうです。あなたがスマートフォンユーザーであるあなら、万が一の紛失に対して対策ができているでしょうか?

20110523135608

セキュリティーソフトで世界的に有名なマカフィーが「McAfee WaveSecure」(マカフィー ウェーブセキュア)というスマートフォン紛失対策の決定版です。

「McAfee WaveSecure」(マカフィー ウェーブセキュア)

実はマカフィーは無料のβ版として「McAfee WaveSecure」をリリースしていましたが、本格的な製品が完成したことで正式版としてリリースし始めます。では一体どのようなモバイルセキュリティー機能があるのでしょうか?

紛失時におけるあらゆる対策

この「McAfee WaveSecure」はスマートフォンを紛失させて場合に、遠隔操作によって保存データを守ったり、本体を容易に発見したりできる機能があります。McAfee WaveSecure20110523142523

自動で本体操作ロック

本体を盗んだ輩(やから)は、それを自分のものにしたり売りさばく目的で、SIMカードを取り換えたり、書き込み情報を替えたりします。しかしこの「McAfee WaveSecure」がインストールされているなら、そそのような不正操作が生じるとロックがかかりスマートフォンの操作が不能になります。
また、新しいSIMカードに取り換えられると、あらかじめ登録されている友人にメール送信するように設定可能です。
それだけでなく、スマートフォンを所有者に返却するようにディスプレイ表示がされます。

本体の追跡と発見

さらにスマートフォンを取り戻せるように、本体を追跡しPCによるWeb表示が可能になります。紛失したと思うならすぐに調べられますね。20110523144507

データバックアップ

これはスマートフォンに大切に保存されている情報を専用のデータサーバー上にバックアップ保存する機能です。電話帳、通話記録、ユーザーの個人情報、写真、動画などを本体以外のところに同期させているこことで万が一紛失したとしても、最新のデータを取り出し、リスタア(復元)させることが可能です。

データの消去

万が一紛失しスマートフォンが手元に戻ってこないことが明らかになったりするらなら、遠隔操作でスマートフォンやSDカード上の保存エータを全て削除可能です。

対応プラットフォーム

上記のスマートフォン紛失時におけるセキュリティー機能が充実したマカフィーの「McAfee WaveSecure」は多くのOSつまりプラットフォームに対応しています。20110523135435

  • アンドロイド
  • BlackBerry
  • SymbianOS
  • Windows Phone
  • J2ME

 

利用料金

ダウンロード当初は、少し短いような気がしますが7日間の無料期間があります。その後は年間 19.90ドル(今の日本円で1600円~1700円)で利用可能になります。スマートフォンを紛失することが不安な方は、年間1600円は安いような気がします。

なお、auなどケータイ3キャリアは独自の紛失に備えたセキュリティーサービスを打ち出していますので、そのサービスと利用料金を比べて検討されることをお勧めします。SIMロック解除されたスマートフォンを使う場合はマカフィーの「McAfee WaveSecure」をインストールしておいたほうが良さそうです。