googleロゴ「マーク トウェイン」の素朴さの理由が分かりました!では「マーク トウェイン」とは?

スポンサーリンク

現在日本時間で11月30日の14時過ぎです。遅ればせながら今日のgoogleロゴが素朴な絵画でアレンジされれていることに気づきましした。かなり質の高いカントリー調の素朴な絵画になっています。どうやら「マーク トウェイン」という米国の偉大な作家の176周年記念日のようです。

image

「マーク トウェイン」

調べてやっと「今日のgoogleロゴがカントリー調の絵画になっているのはそういうことだったのか!」と納得しました。子供の頃にお世話になったアニメの原作「トム・ソーヤーの冒険」の著者の「マーク トウェイン」の作風をモチーフにしたものだったのです。かなり素朴なロゴです。

image

トム・ソーヤーの冒険

「トム・ソーヤーの冒険」では、トムとその遊び友達ハンクの自由奔放な冒険を引き立てていたミシシッピ川とその渓谷が私にとってかなり魅力的な場所に映り、アメリカの広大さに引き寄せられていました。(彼の生き方にならう少年時代を過ごすと、成績が落ちると思いますが・・・。)

すでに多くのサイトやブログで今日11月30日のロゴについて記事がアップされているのでいまさらこの記事で書く理由もありませんが、念のために「マーク トウェイン」とは?

代表作

彼の作品には以下のような有名な著書があります。

  • 不思議な少年
  • ミシシッピの生活
  • シェイクスピアは死んでいるか?
  • 王子と乞食

ちなみに「マーク トウェイン」に関しての研究プロジェクト「The Mark Twain Papers and Project」があるほどの奥が深い作家のようです。

image

名言

今日のgoogleロゴのモチーフになった「マーク トウェイン」は数々の名言も残していることで有名だそうです。

たとえば「全てが間違っているということはありえない。どんな壊れた時計でも一日に2回は正しい時刻を示す」というものが最も有名な言葉だそうです。ネットの情報はすべて”眉つばもの”と考えていたことのある私にとって、視野を広げるための金言と言えるかもしれません。(他の名言に関してはマーク・トウェインよりどうぞ。)

それにしてもgoogleはその検索エンジンのロゴによって雑学好きなネットユーザーを楽しませる仕掛けをよく作ってくれますね。実に関心します。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事