「マンガクリエイトPC」初心者でもマンガを書けるオールインワンPCがマウスコンピューターから発売

スポンサーリンク

今や手書きのマンガが数が少なくなったのでしょうか?紙とペンより、PCとペンタブレットで書いたマンガのほうが手っ取り早く編集でき、発行も早そうですね。そこでマウスコンピューター社がマンガ家を目指す入門者向けに、PCでマンガを描くのに必要なものが全てそろった「マンガクリエイトPC」を発売し始めました。ではこのPCで何ができるの?

image

熟練したマンガ家は当然、紙とペンが一番いいでしょけど、入門者は編集が楽なPCで描いたほうが楽なのでしょう。それにWebマンガを作成する人は当然PCを利用します。

これまで、PCでマンガを描くには高スペックのPCと、描画ソフト(イラストソフト)、タブレットペンを個別に入手する必要がありました。

しかし、今回マウスコンピューターが「マンガクリエイトPC」を発売して、マンガを描くための上記の必須アイテムを個別に揃える必要のないオールインワンPCを発売します。デスクトップタイプが2機種、ノートタイプが2機種です。日経プレスリリース

image

内容は、既存のノートパソコンの「LuvBook F シリーズ」やデスクトップパソコン「LUV MACHINES Slim シリーズ」を本体にして、image

  1. ComicStudioPro4.0・・・マンガ描画に最適(セルシス)
  2. ペンタブレット(ワコム)

を梱包している点です。個別に買うよりはかなり安く上がるようですね。値段は「LB-F300S-MC」が約8万円より、最上位機種として「Lm-iS610S-P22L-MC2」が約12万5千円まで。

マウスコンピュータの製品は こちら (モバイルからは ⇒こちらから からどうぞ。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事