LISMO(リスモ)の使い方[2]写真編ーau携帯の写真をPCで管理、プリントする方法は簡単!カレンダー作成も!

スポンサーリンク

私はauケータイで撮影した写真もすべてLESMO(リスモ)で管理しています。一番のお気に入りは、ケータイで写した写真を簡単にPCに転送し、すぐに写真プリントできるところですね。さらに下のようにお気に入りの写真を載せたオリジナルカレンダーまで簡単に作成もできるのです。

auのリスモでケータイで撮った写真を管理、印刷する手順

では以下の方法について簡単に説明します。

PCへ転送し管理する

では早速auケータイの付録CDに入っているアプリ「LISMO(リスモ)」でケータイカメラで撮った写真をPCへ転送する方法を簡単に説明します。

準備・・・まだ、LISMOのドライバーやアプリのインストール、ケータイをPCに登録していないなら、auのLismo(リスモ)のダウンロードと使い方を参考にしてご準備下さい。

まず、LISMO Protを起動させます。おそらくデスクトップに以下のようなアイコンができていると思います。それをクリックします。もし見当たらないなら、Windowsの「スタートボタン」を押し、「プログラム」から「LISMO Prot」を呼び出します。

リスモを起動させる。

ケータイの写真管理はLISMO Protの「ケータイデータバックアップ」をクリックして起動させます。 リスモの「ケータイデータバックアップ」の場所

そうすると以下のように「ケータイバックアップ」画面が立ち上がります。(単にバックアップだけではなく、写真の印刷、スケジュール管理とケータイとの同期も可能)

写真のアルバム

USBケーブルでauケータイをPCにつなぎます。以下がケータイとの通信中の画面です。

auケータイをPCにつなぐ場面

無事にケータイが認識されたなら、ケータイに保存中の写真をPCへ転送させます。以下のように「PCへ転送」をクリック。

auへ転送するボタン。

まだ転送されていない写真がリストアップされます。PCへ転送する写真にすべてチェックを入れ、OKボタンを最後に押して転送開始します。

PCへ転送する写真を選びチェックを入れる。

そうすると写真が転送され、上記のアルバムに追加されます。

リスモの画像アルバムに転送された写真が追加される

写真の簡単な編集

無事にPCに保存された写真は簡単な編集が可能です。編集したい写真の上でクリックして「編集」を押します。「彩度」、「コントラスト」、「輝度」、「90度ずつ回転」などが可能です。

写真の編集。

プリント(印刷)方法

次はリスモを使った写真のプリントです。これが一番便利ですね。

Lサイズに写真を一枚プリントする場合・・・・

リスモの管理画面最下部にの「簡単プリント」でプリントの準備します。以下はL版を一枚印刷するケースです。

「スタイル」は「ベーシック」、列と行は「1」、右の用紙は「L版」(希望するプリントサイズに合わせます)、方向は「横」か「縦」を選択します。

次に、印刷したい写真を以下のように、写真上でマウスを右クリックをしながらドラッグ&ドロップします。または写真を一度クリックして、選択(バックが黄色に変化)して、「挿入」ボタンを押すことによってプリント選択欄に挿入も可能です。連続印刷したい場合、写真の選択と挿入を繰り返します。

これでほとんど設定は終わりですが、「レイアウト」ボタンを押せば、さらに細かい印刷設定が可能です。最後にプリンターの電源が入っていることを確認、プリント用紙(L版)をセッティングして、「プリント」ボタンを押せば出来上がりです。

L版に写真をプリントする場合のセッティング。

一枚のプリントに複数の写真を挿入したい場合・・・

リスモでは多彩なプリント方法があります。一枚の用紙に複数の写真を印刷可能です。方法は以下の通り。

行と列を指定して、そこに希望の写真を挿入し、用紙と方向を指定します。最後に「プリント」で、印刷を開始します。

一枚に複数の写真を挿入する。

カレンダー作成

実はこのリスモのすごいところは、auケータイで撮影した写真でカレンダーを簡単に作成できるところです。その手順は以下の通り。

「スタイルの選択」は「カレンダー」を指定し、位置、サイズ、年月日、期間などを指定します。写真を最後に挿入します。(指定月に合わせて作業を繰り返します。)

リスモで写真付きカレンダーを作成する方法。

オプション」設定では、曜日毎にフォントの色、種類、装飾を変えたり、記念日などの追加、削除が可能です。(下は誕生日を記入して見ました。)

誕生にや記念日をカレンダーに挿入

こんな素敵なカレンダーがauのリスモでできるなんてすごいと思いませんか。カレンダー作成はWordを始め様々なアプリについていますが、auケータイで写真を撮影してリスモで管理する人は、このリスモだけで事足りますね。リスモでカレンダーを作成した場面

いかがでしたか。他にもリスモについては以下のような記事があります。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事