「LISMO Book Store(リスモブックストア)」で電子書籍が提供開始、電子ブックリーダー「biblio Leaf SP02」向け

スポンサーリンク

「LISMO Book Store(リスモブックストア)」から電子書籍のダウンロード販売を開始

いよいよKDDIが電子ブック市場に参入開始ですね。電子書籍を極めて読みやすくしている電子ブックリーダー「biblio Leaf Sp02」(ビブリオ リーフ)向けに、電子ブックストアである「LISMO Book Store(リスモブックストア)」から電子書籍のダウンロード販売を開始。嬉しいのは、3カ月以上半額キャンペーンをするところです。

では、

  • 「LISMO Book Store(リスモブックストア)」とは?
  • 利用法と料金は?
  • お得なキャンペーンとは?

「LISMO Book Store(リスモブックストア)」とは?

このKDDIの電子ブックストア「LISMO Book Store(リスモブックストア)」という名前には一体どうして、auの音楽配信サービスの「LISMO」が付くのだろうか?と疑問に思いましたが、理由が分かりました。

それは、KDDIの3G回線(CDMA)を使った電子ブックリーダー「biblio Leaf」でダウンロードおよび閲覧することに特化しているだけでなく、後ろにはスマートフォン「ISシリーズ」で提供することを主に考えているので、「LISMO」が付くと判明しました。日経プレスリリースより。

2011年4月19日追記:au「IS03」を皮切りにスマートフォンでリスモブックストアを利用可能になりました。「LISMO Book Store(リスモブックストア)」がスマートフォンに対応をご覧ください。

それはさておき、「LISMO Book Store」では、実用書、ビジネス書、小説などが主に約約2万点の電子書籍をラインナップしてスタートします。2011年度中には、約10万点の品ぞろえまで計画中だそうです。ほとんどの雑誌、新刊の書籍は読めそうですね。

無料の電子書籍もあり

無料の書籍も準備されているようで、夏目漱石、芥川龍之介、太宰治などの有名どころの小説など約2000点が無料で読めます。

20101221173847

立ち読み

これができないと書籍をダウンロードして買ってもがっかりしすますね。つまりちょっと立ち読みができて内容を確認できます。またレビュー記事も読めて書籍の内容の参考にできそうです。

ポイント

「LISMO Book Store」で電子書籍をダウンロード購入した金額に対して3%の嬉しいポイントが付与されるそうです。これなら次回の購入にのダンロード代が少し安くなりそうです。

スポンサーリンク

利用法

このリスモ ブックストアの利用法ですが、「biblio Leaf Sp02」(ビブリオ リーフ KDDI)でも書いているように、専用の電子ブックリーダー「biblio Leaf Sp02」でauの通信回線網を使ってダンロード購入して利用します。

決済方法

電子書籍をダウンロードしたら決済しなければなりませんが、auの携帯電話やスマートフォンを利用中なら、「auかんたん決済」を利用可能です。しかし「biblio Leaf Sp02」(ビブリオ リーフ)のみで「LISMO Book Store」を利用する場合、「auかんたん決済」は利用不可能です。クレジットカードで決済することができます。

料金

「biblio Leaf Sp02」のau3G回線の利用料金と電子書籍購入代のみです。問題はau3G回線の利用料金ですが、「誰でも割シングル(2年契約)」プランに加入するなら、月額基本料525円です。 「biblio Leaf SP02」より。

うれしいキャンペーン

来年の3月いっぱいまでは、電子書籍が通常の半額だそうです。思い切って「biblio Leaf Sp02」を購入して、電子書籍を読みまくってもいいかもしれませんね。

携帯各社の電子書籍市場の激化が今後も予想されますね。auファンの私ですが、実はシャープ「GALAPAGOS(ガラパゴス)が気になりますけど。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事