日本語に対応の「リンクトイン(LinkedIn)」とは?ビジネス専用のSNSであなたのキャリアを深め広めよう!

スポンサーリンク

世界ナンバーワンのSNSであるフェイスブックで職探しができる時代になったと思いきや、今度はビジネスにおけるキャリアを深めらるSNSが日本語に対応して登場しました。「リンクトイン(LinkedIn)」です。ではこのコミュニティーサイトで何が可能なのでしょうか?

image

「リンクトイン(LinkedIn)」とは?

言わずとしれた実名登録型の交流サイトフェイスブック(Facebook)は、主に友人を中心にしたコミュニティーサイトですね。

しかし、今回日本に上陸し日本語対応になった「リンクトイン」とはビジネスに特化した交友サイトになっています。Japan | LinkedIn

「リンクトイン」の始まりは2003に米国です。その後着実に会員数を伸ばし、今や世界の200の国・地域で1億200万人のユーザーがアクティブに交流を深め、ビジネスや専門職に関する知識や人材情報を交換・共有しているようです。つまり人脈作りや転職などに活用されているわけです。

image

このサイトの価値は多くの企業や起業家が即戦力となる貴重な人材を探すのに活用しているこちにあります。ですから、職探しをしている人「リンクトイン」に実名で登録し、自分のプロフィール欄に学歴・経歴・資格などキャリアに関する情報を余すところなく記すことで、よりマッチする職にありつける確率が高くなるようです。また有料会員になると、マッチング機能が向上したサービスを受けることも可能です。

そうは言っても「リンクトイン」はれっきとしたSNSですから、横のつながりを大切にするために、フェイスブックのように友人や職場の同僚など互いにフォローしているグループでディスカッションしたりニュースや専門的な最新情報を簡単にシェアできるようです。image

まだ、日本語に対応したばかりの「リンクトイン」ですが、これから転職してより自分にマッチした職場や企業で自分のキャリアを生かしたい人がどんどん登録して会員数を増やしてゆくなら、活気が出るサイトになるでしょうね。ただし日本ではすでにリクルートを中心にしてたくさんの転職に特化した交流サイトがありますから、どの程度「リンクトイン」が活用されるかは未知数ですね。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事