「LINE Pay」決済サービスのメリットはLINEユーザー同士で送金できることにあり

スポンサーリンク

LINEから「LINE Pay」という新たな決済サービスが発表されました。2014年冬からスタートですが当面ネット通販で利用から始まり、オフラインでの使用も可能になるとか。つまりデビットカードのように使えそうですが、最大の注目点つまりメリットはLINEユーザー同士で送金できることでしょう!

「LINE Pay」決済サービス

決済手段の利便性は経済活性化の基本です。LINEが若者世代のインフラとなっている現在、「LINE Pay」という新たな決済サービスの伸びは期待できそうですね。ネットやリアル店舗での決済、LINEユーザー間での割り勘機能、そして注目点として個人間送金機能と出金機能があります。手数料は業界最安値となる予定だとか。スマホだけでなくPCでも利用可能になるそうです。

入金(チャージ)方法

実際の決済はプレイペイド式。つまりクレジットカード、コンビニで販売予定のプリペイドカード、銀行口座(みずほ、三菱住友)からチャージつまり入金する仕組みで、最大10万円まで可能。その点は「au WALET」のような感覚でしょか。

スポンサーリンク

利用シーン

決済シーンとしは、提携ECサイトでの買い物、将来的にはオフラインつまり実店舗でも利用可能に。すでにタクシーを呼べる「LINE TAXI」で連携して「LINE Pay」で決済可能になる予定。将来的にはLINEが計画する「デリバリー」サービスでの決済も可能に。

最大のメリットは個人間の送金

個人的に注目している機能はLINEユーザー同士の送金機能です。これはおそらく最大のメリットと思いますね。送金先ユーザーの銀行口座を知らなくても送金可能で、受け取る側はそれを個人の口座から出金できるわけです。何かを現金化するにはかなり重宝するかもしれません。

つまり、LINEは気軽にお金のやり取りに利用されそうです。最大10万円までのチャージしかできませんので、さすがにマネーロンダリングには利用できません。しかし公にしたくない個人間の取引には無茶便利な機能となりそうです。でも履歴が確実に残りますから一定の健全性は保たれそうな気がしますが、どうなんでしょうね?

最近の決済サービスとして爆発的に広がっている au WALLET(ウォレット) 。基本はMaster Card のデビット決済です。ユーザーが増えるのは、チャージに割増金が付く今年いっぱいが限度かも。

一方「LINE Pay」の手数料が業界最安値になるなら、ECサイトがこぞって導入すると思われますし、LINEユーザーはとしてはいつも利用する「LINE」と紐づいた「LINE Pay」の手軽さから利用者が急増するかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事