無料で、電子書籍を気軽に販売!AmazonのKindle DTPが情報商材アフィリエイトの台風の目に?

スポンサーリンク

電子書籍を無料で実費なしに販売する方法はいくらかあります。しかし、Amazonが、米国以外で誰でも気軽に電子書籍を販売することができるようにするサービス Kindle DTPを始めたようです。おそらく日本でも始まると思いますが、そうなれば、いわゆる情報商材アフィリエイト業界や一般の出版業界が激震するかもしれませんね。

20100120134531

 

米Amazon.comは米国時間2010年1月15日、ユーザーが自分の著作物を自ら電子出版できるサービス「Kindle Digital Text Platform(DTP)」を、米国以外でも提供すると発表した。新たに英国、ドイツ、フランスのユーザーが、同サービスを利用し、Amazonサイトで電子書籍を販売できるようになった。

無料電子出版サービスKindle DTPが英、独、仏で利用可能に – ニュース:ITpro

AmazonのKindle DTPが日本の出版事業、アフィリエイトに及ぼす影響

個人的にはわくわくしていますが、このAmazonの新サービスで影響を受ける業界が出るのは確実と思います。Amazonがさらに飛躍することになる次のような変化が起きるかもしれません。

出版事業

AmazonのKindle DTPでアフィリエイト業界に激震

私がこのAmazonのKindle DTPの一番よいと思うところは、作家が紙の経費のリスクを負って出版を手掛ける前に、市場調査ができるところかもしれません。

このAmazonのKindle DTPシステムでどれほど売れるかを予め予想できるようになることが考えられるからです。アマゾンはかなり浸透しているショップとなっていると同時に、反応の良い本は必ず書店でも売れるからです。(右の画像credit: toejamnotearl

私も出版してみようかな?

アフィリエイト

高額の情報商材アフィリエイトがあふれていいますが、このAmazonのKindle DTPを利用して、情報商材を売り込もうとするやからが、きっと流れ込むのではないでしょうか?今の情報商材を扱うASPはAmazonの足元にも及びませんから!そうなれば、現在儲けまくっているASPはどうなるのでしょうか?

実は私も少しアフィリエイトをかじっているのですが、そううまい話はありませんね。毎日コツコツ話題を集めて、見てくれる人に役立ちそうな話題を提供するだけですが・・・。(アマモ)

スポンサーリンク

フォローする

関連記事