アマゾンがキンドルの印税70%、日本の書籍のディスカウントを期待!円高のうちにKindleを購入しておこう!

スポンサーリンク

アメリカでアマゾンの牙城である電子書籍が、出版業界に大きな揺さぶりを再び仕掛けようとしてるようですね。アマゾンのキンドルが日本へたいていの印税は10%前後ですが、アマゾンは70パーセントにするそうです。日本でこんなことをやられてら、著作者はこちらに流れて当然ですよね。私も本をだそうかな?

ところで、これからは日本の雑誌が安くなるかも!また、マニアさんは円高のうちにKindle(電子ブックリーダー)を手に入れておいたほうがいいかも!

日本の出版物の価格破壊、ディスカウントが始まるか?

食料品、雑貨、自動車、家電のすべてにディスカウントがありますが、店頭では書籍、雑誌はいつも定価で売られています。

少し考えてみてください!もしKndle(キンドル)が日本でも普及するようになり、いつもコンビニで定価で買っている雑誌などが格安でダウンロ―ロできるアマゾンから購入する方がはるかに安上がりですね。

そうなれば、大手の出版会社も新書のディスカウントを始めるのではないでしょうか?そうなれば、多くの書籍や雑誌が値引き競争をはじめどんどん安くなるかも知れませんね。著作者は当然、印税の高い方に記事や著作権物を売りますから。

空前の円高でKindleが安いうちに手に入れたい!

AmazonのKindle

Kindleは今はアメリカのアマゾンから購入する必要があります。今の時点で、一ドル90円なので、このまま円高が進めば、キンドルDX9.7インチタイプは¥45,000程度、6インチタイプのキンドルなら、¥24,000程度で購入できる計算ですね。詳しくはamazon.comで確認してみてください。

もし、円安にぶれればすぐに¥50,000(キンドルDX)ぐらいにはなる計算になります。ですから、今のうちに購入したいと思う人も多いでしょう。

しかし、今のところ日本語のダウンロードは始まっていないので、買い控えしておこうという人も多いでしょう。

 

「キンドル」の電子書籍について米アマゾンが発表したのは、印税を35%から70%に条件付きで引き上げるという衝撃的なものだった。著作者を囲い込む作戦とみられており、既存の出版社には脅威となりそうだ。

キンドル「印税70%」の衝撃 不況の出版界には大脅威(J-CASTニュース) – Yahoo!ニュース

スポンサーリンク

フォローする

関連記事