アマゾン新型「Kindle Fire HD(キンドル・ファイアHD)」の2機種とは?日本での発売日が気になるね

スポンサーリンク

先ほど、つまり2012年9月6日(米国)にアマゾンはタブレット端末4機種を新たに発表しました。その中でKindle Fire(キンドル・ファイア)の後継機が3機種が紹介されました。一つは159ドに値下げてスペックを向上させた従来モデルの進化型「Kindle fire」と、ネーミングにHDが入っているように解像度を引き上げた2タイプの「Kindle Fire HD(キンドル・ファイアHD)」です。では「Kindle Fire HD」とは?日本での発売は?

image

2機種の「Kindle Fire HD」

2タイプの「Kindle Fire HD(キンドル・ファイアHD)」とは、従来通りの7インチモデルと、8.9インチモデルです。解像度は7インチモデルが1280×800ピクセルで、8.9インチモデルが1920×1200ピクセルです。

image

8.9インチモデルは、解像度からして第三世代のiPad(アップル)をかなり意識しているようです。しかし、アマゾンに言わせるとこれらの端末は従来通り、アマゾン内のコンテンツ、つまりゲーム、音楽、映画などのを楽しむためのものである、という商品コンセプトを貫いて開発されたものだそうです。

さらに、通信は2.4GHz、5GHzのデュアルアンテナを採用したWi-FIネットワーク利用可能で、第三世代iPadよりも40%以上も高速化されています。

image

加えてKindle Fireの初代モデルには搭載されなかった、カメラも搭載されスカイプなどを用いたテレビ電話(ビデオチャット)も可能になっています。またスカイプ、SNS、TwitterもディフォルトでUIに組み込まれています。またメール機能も大幅に強化されています。

image

8.9インチモデルの詳細スペックは以下の通り。

■ ディスプレイ・・・1920×1200ピクセル、密度254ppi
■ CPU・・・OMAP 4470(1.5GHz)
■ 重さ・・・約567グラム
■ ストレージ・・・16GB、32GB、64GB(32GBと64GBは4G LTE対応モデルあり)
■ 通信・・・WiFi(MIMO通信2.4GHz、5GHzのデュアルアンテナ対応)、Bluetooth
■ 音楽・・・デュアルステレオスピーカー、ドルビーのオーディオエンジンやデジタルプラス再生対応
■ 通信・・・Wi-Fi、Bluetooth
■ その他・・・HDMI出力端子

さらに子供も「Kindle Fire HD」を安全に楽しめるように「Time Limits(タイムリミット)」機能を搭載します。夢中になりやすい子供を守るために、操作可能な利用時間を制限することが可能になっています。家族全体で「Kindle Fire HD」を楽しんでもらいたいとのアマゾン側の狙いが見えてきます。

image

さて、肝心要の価格ですが、「Kindle Fire HD 8.9」は16GBモデルの299ドル(約2万4000円)、4G対応モデル(32GB)は499ドル(約4万円)です。発売日は米国で11月20日です。

image

すでにAmazon.com(米国)では以下のように「キンドル・ファイア ファミリー」として予約販売が開始されています。

image

日本での発売日は言及されていません。どうなっているのでしょうね?なお、同日に電子書籍リーダーとしての元祖「キンドル」の最新型「Kindle Paperwhite(キンドル ペーパーホワイト)」も発表されました。従来の電子インクではない、さらに見やすいディスプレイ「Paperwhite」が採用されています。こちらの商品は日本発売は間違いないと思います。

2012年10月24日追記:Amazon日本法人は本日、「Kindle Fire HD」など3機種を日本で発売することを発表しました。予約も開始しています。詳細は Amazon からどうぞ。
image

参考リンク: CNET News

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事