あなたのストレス度を簡単に計れちゃう携帯アプリ登場!KDDIに感謝!携帯アプリでストレスをコントロール?

スポンサーリンク

はっきりいって私はかなり神経質で何かとストレスを受けやすいタイプです。そんな神経質な私をどうにか改善できたら!といつも思っています。

携帯でストレスを測定できるKDDIのアプリ

そこで気軽に携帯でストレスを計れるアプリケーションが登場したのを知って、「これは使えるかも」と思ってしまいました。

自分のストレス度を気軽に計りどんな時にどれほどのストレスを感じているのかを客観的に把握することは、ストレスをコントロールする第一歩ですからね。

ではどうやって、この携帯電話と耳(脈拍センサー)、そして専用アプリでストレスのさを測れるの?

ストレスの強さを測れる携帯アプリ

KDDI研究所が開発したシステムですが、耳にクリップ状の機器(脈拍センサー)を装着して携帯のアプリに接続して脈拍の変化を診ることによって、受けているストレスの強度を計るそうです。

仕組みはこうです。つまり人はストレスを受けると、交感神経の働きが強くなります。そうすると脈拍の間隔が乱れ(ゆらぎ)ます。この脈拍の揺らぎが、ストレスの強度として用いることができるというわけですね。

KDDI研究所が開発したストレスを携帯で測定できるセンサー

使い方

このストレスを携帯で計れるアプリで実際に計る前に、いわゆる「問診」が行われます。ストレス測定のアプリを起動し以下のような簡単な質問に答えます。

  • 気分スッキリ度
  • 精神的な疲れ
  • やる気
  • 肉体的な疲れ

があります。まず正直に答えましょう。

測定

問診が終わるなら、実際の測定です。

  1. まず、耳たぶにクリップ状の脈拍センサーを装着します。
  2. 次に、深呼吸をして、リラックスするようにします。
  3. そしていよいよ、ストレス測定のアプリを起動し、測定開始です。

測定時間は約2分30秒です。(その待つ間にストレスとなるような考えをしないことが大変ですけどね。)

まとめてみますと、以下の画像のような手順で、ストレスの強度を測定します。

携帯とアプリでストレスの強度を測定します。

このストレス測定の携帯アプリを本格的に使えるようになるのを楽しみにできますね。いつかな?

詳細はhttp://www.kddilabs.jp/press/img/164_1.pdf

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

関連記事
スポンサーリンク