1万円以下のSIMフリー格安スマホ おすすめは?【随時更新】

スポンサーリンク

「スマホをちょっと使ってみたい!でも毎月8000円以上はいや!」みたいな需要が大きいですよね。そこで選択肢はドコモやauの回線を借りて安く提供するMVNOのSIMカードを差して利用できるSIMフリースマホです。最近かなり話題ですね。でも利用しているユーザは全体の数パーセント。これほど騒がれているのになぜ少ないのか?至れりつくせりのキャリヤと違って手続き面倒で、設定もほぼ自分でしなければならないからです。

1万の格安スマホでおすすめは?

でも、音声通話可能なSIMカードとセット販売されており、簡単な手続きだけで、月々1000~2000円台で、ネットも音声電話も可能なスマホとMVNOが登場しております。
この記事では端末価格が1万円以下で販売されているおすすめなSIMフリースマホをまとめてみました。データ通信だけでなく普通に音声通話(090-,080-)も可能です。もちろんデータ通信も。

NTTコム goo 「g1」(OCNモバイルONE 音声対応SIMセット)

通常3000円のSIM購入料金(初期費用)を含んでの10,000円(税抜き)です。格安。しかも性能的にはまずまず。ミドルレンジ(中)で初心者向けとは思えません。

まず、スマホの心臓といえるCPUがクアッドコア 1.3GHz という高速処理能力が搭載されているにもかかわらず、本体価格は1万円(税抜き)なり。メモリ(RAM)は1GBで iPhone5 と同じです。内蔵ストレージつまり保存容量は8GBと少な目ですが、micro SDHC で最大32GBまで拡張可能です。カメラ機能にも力が入っています。ディスプレイは5.0インチで854×480のフルワイドVGA。SIMカードを2枚搭載でき海外旅行に便利。WiFi 802.11 b/g/n 2.4GHz、Bluetooth 3.0。

ただし通信規格はLTEには非対応で3G(FOMA)のみ。しかしドコモの周波数帯(3GつまりW-CDMA) の4つのうち B1、B6、B19はしっかりとらえますので、圏外はほぼありません。よほど高画質の動画を視聴しないかぎり、快適にネットに接続できそうです。

OSはAndroidですが、独自のインターフェイスとしての「やさしいスマホ(アプリ)」モードで起動すれば、だれでも利用できる至れり尽くせりの簡単スマホです。

Amazon内で開設されている NTTコム goo ストア でどうぞ。1万円以下のスマホが一番人気ですよ。

freetel 「priori2 」

こちらは格安スマホ販売で先駆者となったfreetel(フリーテル)。フリモバSIMと同時販売でAmazon では以下のとおり。

(執筆時点でfreetelから直接購入するとセール中の 9,980円。しかもフリモバSIMと同時販売のスペシャルパック「priori2 SP版」。格安すぎる。freetel )

スペックは上述の NTTコム goo 「g1」とほぼ同等。通信規格もLTE非対応で3G(B1、B6、B19)のみ。SIM2枚搭載可能。珍しくBluetooth 4.0です。simのサイズはmicro SIM。テザリングもOK。iiJmioやOCNモバイルONEと相性抜群です。

もちろん、ドコモ系のSIMカードならOKですし、MNPによる音声通話可能。

コヴィア FLEAZ F4s+

こちら格安スマホで有名の コヴィア(covia) 製で、2014年12月に発売された前モデ 「FLEAZ F4s」をマイナーチェンジさせてモデル。執筆時点でアマゾンでベストセラーとなっおり、レビューでは2年前の高額タブレットより動画はサクサク見れると評判。

OSはAndroid 4.4で、CPUはクアッドコアプ1.2GHz。メモリ(RAM)と内臓ストレージ(ROM)はそれぞれ2倍に増強され、メモリが1GB、内臓ストレージが8GB。ディスプレイはiPhone5sと同様の 4インチ。解像度は800 x 480。重量はc超軽量の 106gです。SIMカードは2枚搭載可能でサイズは標準とMicro SIM。おまけにテザリング可能。

コヴィアの公式サイトでは、2枚SIMを装填できるので、一方にキャリア(docmo、au、ソフトバンク)のガラケーSIMを入れて、もう一方にMVNOの格安SIMを入れて通信可能とあります。しかし、どちらも同時利用できるわけではなく、手動やスケジュール設定による切り替えが必要。

通信規格はやぱりLTE非対応の3Gのみ。対応周波数帯はドコモの2100MHz(FOMA)と800MHz(FOMAプラス)に対応。つながらいことはなさそうです。

※ 評判としては「freetel priori2 に少しずつ負けている」みたいなレビューもあります。

以上、1万円以内で購入できる格安スマホでしたが、いずれもLTE非対応で、3Gのみ。つまりWi-FiがつながらないところでもLINEやメール、Web閲覧、ネットショップサーフィンなら全く問題なさそうです。Wi-Fiなら動画でもサクサクみたいですよ。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事