”呼び込み”自販機に引き寄せられる!タッチパネル式の次世代自販機は”マーケティング頭脳付き”で顔認識する

スポンサーリンク

マーケティング頭脳付きの極めて賢い次世代自動販売機時代は人間ではなく機会が”呼び込み”をする時代になりましたね。”呼び込み”するのは、JR東日本ウォータービジネスの次世代の自動販売機です。客が近くにいない時、自動販売機はハッチパネルに遠くからでも見える魅力的な飲み物を宣伝して、引き寄せる、いわば”呼び込み”式の自動販売機として話題のようです。

季節や時間帯、気温などに合わせて映像の宣伝が変化する”マーケティング頭脳”付きの極めて賢い次世代自動販売機のようですね。

マーケティング頭脳

このJR東日本ウォータービジネスのタッチパネル式の自動販売機は売り上げを上げるためにあらゆる機能が自動式になっています。

季節や時間帯、環境というデータに応じてぴったり合った商品を大きなディスプレイに表示させたり、顔認識技術のカメラによって引き寄せられたお客の年齢や性別などを分析し、それに合わせて、最適の商品をディスプレイ上に表示するという、マーケティング機能付きです。(ただし、映像や、個人情報は保存されません。)

タッチパネル式の自動販売機はカメラで顔認識する

まるで、自動販売機がまさに、熟練した販売員に変化したようです。

スポンサーリンク

タッチパネル式

実際の購入は、スクリーン上に現れた商品映像をタッチして選択できるタッチパネル方式になっています。

また女性やお年寄りに優しくできており、腰をかがんだりしなくてもよいように飲み物の取り出し口などが設計されています。

まだ東京の品川駅に2台しか設置されていないのですが、全国的に普及するのは時間の問題のような気がしますね。

この種の自動販売機が飲み物だけでなく、他の商品にも採用されれば、実際のお店も減ったりするかな?

http://www.jre-water.com/pdf/100810jisedai-jihanki.pdf

スポンサーリンク

フォローする

関連記事