高血圧など持病があっても、通常の保険に加入できる場合があるってホント?高い「限定告知型」に入らなくても!

スポンサーリンク

ある友人が最近私に「親戚に血圧の高い人がいるけど、入れる保険ある?」と聞いてきました。私が保険に詳しいということを知っていたからです。私はズバリ「入れます」と言いたがったのですが、慎重に答えることにしました。20110110094409

その入れる保険とは、高血圧症や糖尿病などの持病の患者でも入れる保険としてよく話題になる限定告知型保険、いわゆる選択緩和型の保険のことではなく、健康な人が入れる一般の保険のことです。

では、

  • 限定告知型の保険とは?
  • 高血圧の人でも通常の保険に入れるの?

限定告知型の保険とは?

よくCMで宣伝されている、「持病を持っている方でも入れます」という保険が話題になれますね。高血圧症、糖尿病、などでも入れると大々的に宣伝しています。

デメリット

確かに条件次第では入れますが、通常の保険と違い保険料は2倍近くになりますね。20110110094731

条件としては、持病があっても、「3カ月以内に医師から入院や手術を勧められたか?過去2年の間に入院や手術をしたか?」などがあります。

さらにたとえ上記の条件で加入しできたとしても、持病で入院し治療して、給付金の請求を掛けても、契約から1年以内は半額になったり、給付期間が短かったりします。

上記の通り、持病がある人が「限定告知型」の保険に加入するには、デメリットが多いと思います。ですから高血圧症や糖尿病で保険加入を考えている人は、高額の保険料を収める代わりに、その分を貯金したり、以下のように条件付きで通常の保険に加入できないかを検討すべきだと思います。

スポンサーリンク

高血圧の人でも通常保険に入れるの?

では普通の保険(健康な人が入れる保険)に高血圧症でも加入できるのでしょうか?ズバリ条件付きで加入できます。

20110110094604

多くの生命保険会社は、高血圧症の患者でも、一定期間(1,2年)薬を常用して、血圧が安定しているなら、一般の保険に加入できる可能性があります。しかし条件付き(部位不担保)が伴います。つまり高血圧やそれに関連した病気で入院したりする場合は、給付金が降りないか、額が制限されるということです。

しかし、高血圧症と関連のない病気で入院すれば、通常の給付金が支払われます。

保険の裏話はたくさんありますし、保険料の支払いは毎月で支払い総額は、車を購入できるほどの高額になりますので加入は慎重にしたいところですね。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事