アップル「アイウォッチ(iWatch)」はスマートウォッチの普及に?予想される機能のまとめ

スポンサーリンク

スマートウォッチ(SmartWatch)、つまり多機能腕時計という言葉が聞かれてしばらく経ちますが、爆発的に売れているという話は聴きません。しかしアップルが開発しているされている「アイウォッチ(iWatch)」はその多機能腕時計の普及に拍車をかけるのでしょうか?

2013-02-12_12h28_52

ニューヨーク・タイムズ紙など米国の報道各社がこぞって記事にしているアップルの新商品「アイウォッチ(iWatch)」の情報は、アップルの公式発表ではなく、あくまでもリークネタつまり”確かな情報筋”からもたらされた資料にもとづくものです。しかし中には、すでにアップルの製造委託会社である鴻海精密工業(台湾)との交渉も始まっているなど、真実味を帯びた具体的な情報あります。 SankeiBiz

その「アイウォッチ」とされるものは、iPhone/iPad/iPodのiOSが搭載されており、推測される主な機能はiPhoneなどiOS端末と連携です。idownloadblog

  • 「アイウォッチ」を近づけることで、iPhoneのロック解除のパスコードの代わりをする。
  • iPhoneから一定の距離、離れた場合にアラーム音が発生する。
  • おサイフケータイにもなるNFC機能を搭載。
  • GPSやセンサーを活用した様々な生活ログ的なアプリやスポーツアプリを活用可能
  • メールなどのメッセージ確認

上記の機能はあくまでも米国ITブロガーの推測であり、すでにスマートフォンと連動する多くのスマートウォッチに搭載されている機能を含んでいます。 例えば、以下のソニー製のスマートウォッチはエスペリアと連動してTwitterも利用できるSmartWatchです。

アップルが本当に上記のような機能を搭載する「スマートフォン」を発売することになれば、アップルファンの多くは飛びつくでしょうね。(個人的には、世界的なヒット商品になるかどうかは甚だ疑問と感じます。しかしアナログ、ソーラー充電、電波時計も搭載されており、1万円台なら購入するつもりですが・・・。)

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事