auの新レグザフォン「REGZA Phone IS11T」が公開!フルキーボードは使いやすい!

スポンサーリンク

auより9月に発売予定の新レグザフォン「REGZA Phone IS11T」は横スライド式のフルキーボードを採用していおり、あまり売れなかった「IS02」を彷彿させる仕様になっています。その「IS11T」の実機が公開されました。どうやら画質向上だけでなく使い勝手、特にスライド式のキーボードの操作性はかなり向上しているようですね。

image

操作性向上のフルキーボード

9月に発売予定のauの東芝製の新型レグザフォン「REGZA Phone IS11T」の大きな特徴は何と言っても、スライド式のフルキーボードでしょうね。横向きで従来のケータイようではなく、パソコンのキーボードのよう横並びの配列です。つまり本体を両手の4本の指で支えながら、親指でキータッチして入力しています。

image

このフルキーボードの使い勝手は期待するほどではないと思いきや、「IS11T」はかなり向上させてきているようです。 KDDI株式会社

・タッチした感触の向上
・「ENTERキー」の大型化
・PCと同配列

などに加えて、予測変換の候補をタッチパネルから素早く選択するようにすればかなり快適に文字入力ができるようになっています。

image

また、フルキーボードの目的にそった機能として、スライドさせるとすぐにメモ帳が起動するようになっています。したがって、写真と撮ると同時にSNSへコメント付きで投稿したり、メールを作成するために、スライドさせてすぐにコメント記入後、投稿可能になるようです。

また、スライドさせるとTwitterやフェイスブックのクライアントアプリなど自動起動させることが可能でSNS(ソーシャルコミュニケーションサービス)を多様している人にはかなり便利になっています。

image

また、ワンセグなどを視聴しながら下のキーボードでTwitterへコメント投稿することもできます。

その他、従来からのレグザフォンの特徴である映像の美しさはそのままで、明るさやコントラスト、立体感や奥行感のある質感表現の向上も図られており、より鮮明な高精細映像を楽しめるようです。

他にも日本独自仕様の、ワンセグ、おサイフケータイ、赤外線通信搭載です。
基本スペックは以下の通り。

・本体・・・63×128×15.3mm 190g
・OS・・・Android2.3
・ディスプレイ・・・TFT液晶4.0インチ、854×480
・連続通話時間・・・約300分
・カメラ・・・約800万画素、手ぶれ補正機能
・通信・・・Wi-Fi、Bluetooth、GPS対応
・コネクタ・・・microUSB

以上のように新レグザフォン「REGZA Phone IS11T」はスライド式のフルキーボード搭載で、特にメールやTwitter,フェイスブックなどのSNSを頻繁に使っている人にはかなりお勧めの新型スマートフォンとなっています。9月発売です。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事