真実味?「新しいiPhone」(アイフォン5)は4インチディスプレイで決まり?薄くなるのは間違いない!

スポンサーリンク

「新しいiPhone」であるアイフォン5が今年の夏か秋に発売される兆しがあるようですが、4インチディスプレイになるという有力(?)な情報が流れています。また厚みも20%ほど薄くなり、ますま現行のAndroidスマートフォンに近づくと予想されています。

image

iPhone5は4インチディスプレイでより薄く?

次世代アイパッドがiPad3になると思われていたにもかかわらず、「新しいiPad」とというアップルの正式ネーミングは論争を巻き起こしていましたね。ですから、次世代iPhoneもiPhone 5ではなく、「新しいiPhone」になると予想されているのでしょうか?最近ネット上では新型iPhoneをそう呼ぶ傾向にあるようです。

それはさておき、 iLounge Backstageでは、新しいiPhoneが上記のように、現行モデルと比較されており、大きいサイズとして掲載しています。

image

ちょっと縦長の「新しいiPhone」になりそうです。

ディスプレイだけでなく、本体の厚みにも現行機の「4S」より変化がありそうです。およそ20%も薄くなり、9.3mmから7.4mmと予想。

image

以上のように新型iPhoneは、「4S」より長く、薄くなりそうですが、これってライバル機のAndroidスマートフォンの主流の形にかなり近づいているような気がします。アップルは貪欲にも、スマートフォン市場においてAndroidが占めるシェアを横取りしようと考えているのでしょうか?

さらに、Dock Connector(ドッグ・コネクター)関係にも変化が見られると推測されています。

image

以上が、iLoungeさんで推測あれる次期モデルである「iPhone 5」(アイフォン5)の最新情報でした。(おっと「新しいiPhone」でした。)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

関連記事
スポンサーリンク