iPhone用Officeが無料で利用可能に!でも”使えない”?Office for iPad が待ち遠しい

スポンサーリンク

Microsoft のOfficeドキュメントを閲覧・編集できる、iPhoneに最適化された 「Microsoft Office Mobile 」 が「Office 365」のサブスクリプション契約なしに編集などの全ての機能を利用できるようになりました。しかし同時に発表された 多機能な「Office for iPad」 は日本ではまだ利用できず、しかも機能をフルに利用するためには「Office 365」のサブスクリプショ契約が必要のようです。

iPhone用のOffice


Microsoft Office Mobile

Microsoft Office Mobile」  はしばらく前にリリースしていましたが、Microsoft 「Office 365」というビジネス用のクラウドサービスを契約していなければなりませんでした。いわゆるサブスクリプション契約というものです。

しかし今回、サブスクリプション契約なしに利用できるようになったわけで、早速利用してみました。しかしiPhoneで利用してみた感想は一言で”使えない”です。

Word, Excel, PowerPointを利用できるようになっていますが、最も簡単に仕えそうなWordでさえ既存の文書の編集をポチポチする程度でしか使えません。PCの物理キーボードに慣れているのが一番の理由だと思いますが、それにしても使えませんね。閲覧とテキストの校正がやっとです。iPadでは入力はスムーズかもしれませんが、機能は不十分です。

image

Office for iPad

いうわけで多くのOfficeユーザが、今回発表されたiPadに最適化されたアプリ「Office for iPad」を待ち焦がれていたのも無理はありません。

「Office for iPad」は「Microsoft Office Mobile 」のように機能が極めて限られた簡易版ではなく、PC用のOffice同様に機能が充実しています。インターフェースも根底から見直されておりタッチパネルに最適化されています。

image

では日本で「Office for iPad」が使えるのか?といったら今のところ無理のようです。しかも使えるようになっても、編集などの機能を利用するためには「Office 365」のサブスクリプション契約が必要になります。

今のところ「Office 365」にはビジネスプランしかありませんが、間もなく個人プランも日本に投入されそうです。そうなれば個人でも「Office for iPad」をドキュメント作成の主要なツールとして利用できるよになります。「Office for iPad」を大望していたユーザはしばらくお待ちを。

これでますますMicrosoft のタブレット Surface が売れなくなるだけでなく、Windows PC の売り上げ減少の傾向が強まっていきそうです。まあそれはMicrosoftも覚悟しており、すでに手は打っているのでしょうけどね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事