iPhone4用の「micro SIMカード」の問題とは?ドコモ回線が使えるが、輸入、通信速度、メール問題あり!

スポンサーリンク

このブログでも何度か紹介している話題の「micro SIM」(日本通信)!電波のつながりやすさナンバーワンのドコモ回線を使ってiPhone4使えるのはいいが、釘をさすような記事が飛び込んできましたね。

ITmedia +D モバイル さんの記事で明らかになったように、iPhone4をドコモの回線で使えるようになる日本通信の「micro SIM」カードの使用上の問題点がいくつか見つかりました。micro SIM カードでドコモ回線が使えるiPhone4

  1. SIMロックフリーのiPhoneの輸入
  2. 通信速度の低下
  3. PCメールのみ使用可能

といったものだです。しかしメリットもあるよ。

「micro SIM」カードの問題点

詳しくは日本通信「micro SIM発売」で理解しておくべきことに記されているが、まずSIMロックが解除されたSIMロックフリーのiPhoneは今のところ海外からの輸入しかないというものですね。

1.輸入版のiPhone

このブログ「アマモ場」の「トーキングシム(talkingSIM)」で通信料を大幅節約!通話可能なスマートフォン専用SIMカード(日本通信)の利用法 で紹介したとおり、iPhoneを輸入しないとSIMロック解除は無理ですね。

世界的に大人気のiPhone4の品薄状態のなかで、下手に輸入を試みるなら、箱だけが送られて大損する可能性もありますし、iPhone4を手に入れることができるとしても、ソフトバンクでの価格よりは高額になるようです。

2.通信速度

たとえiPhoneの輸入の問題がクリアできたとしても、「micro SIM」の速度の問題もはらんでいるようです。上り/下り300kbps超だそうです。これはソフトバンクのiPhone3Gの方が速いかもということで、上記の記事では、ドコモ回線でiPhone4を使う時の問題点

「つながるけど遅い」のと「一部つながりにくいけどつながれば速い」のと、どちらを選ぶか。

と含蓄のある言葉でiPhone4の「micro SIM」カード使用時の速度の問題について表現されていました。

3.携帯メール使用上の問題

これもかなりの問題かもしれませんね。「micro SIM」カードでiPhoneを使用できたとしても、

ソフトバンクモバイルのiPhone 4で利用できる「@softbank.ne.jp」のメールアドレスが利用できないのはもちろんだが、「@docomo.ne.jp」も利用できない。

となれば、普通のPC用のフリーメールなどを使うことになるわけで、私のケータイのようにPCメール着信拒否をしている人は、micor SIMカードを使ったSIMロックフリーのiPhone4からのメールは受け取れなくなるわけですね。これってかなり深刻ですよ。

以上が、iPhone4のSIMロックフリー版を「micro SIM」(日本通信)によってドコモの回線を使った時の問題点としてまとめられていました。

スポンサーリンク

メリット

日本通信のドコモ回線が使えるmicroSIMカードとtalkingSIMしかしメリットも多いですよね。「トーキングシム(talkingSIM)」で通信料を大幅節約!通話可能なスマートフォン専用SIMカード(日本通信)の利用法 で記されているように、携帯代や家庭用の他の通信費を大幅節約にもなりますからね。

「micro SIM」(日本通信)を使用しようとしている方はメリットとデメリットを十分比較してくださいね。b-mobile|日本通信株式会社

スポンサーリンク

フォローする

関連記事

コメント

  1. […] 加えて、ドコモ回線を利用するのはいいですけど、iPhone4用の「micro SIMカード」の問題とは?で書いたように、メールの問題、国内販売価格より高いSIMロックフリーのiPhoneの輸入の煩わし […]