噂!「アイパッド ミニ(iPad mini)」のまとめ!アップルは「キンドル・ファイア」に対抗か?

スポンサーリンク

しばらく前から噂(うわさ)になっていますが、アップル(Appple)はiPadの小型バージョンを製造・販売する計画があるのかもしれません。もしそうなら、最近のタブレット端末の小型化傾向に乗っかるのかもしれません。アマゾンの7インチサイズのAndroidタブレット「Fireタブレット(Amazon Fire)」やサムスン電子の「ギャラクシータブ(GALAXY Tab 2)」に対抗しようとしているのか。現時点でのい「アイパッド ミニ」の噂をまとめてみました。

2012年10月24日追記:同日にアップルから7.9インチタブレット「「アイパッドミニ(iPad mini)」が正式発表されました。小型タブレット「アイパッドミニ(iPad mini)」がauとソフトバンクから 発売日11月2日!スペックはイマイチ?

image

「アイパッド ミニ(iPad mini)」の現時点でのまとめ

去年(2011年)の年末商戦では、タブレット市場を「Fireタブレット」にかなり持って行かれ、さらに現時点でタブレット売上2位のサムスン電子の「ギャラクシータブ2」に驚異を感じているアップルは、iPadの牙城を何としても守り抜きたいと思っているに違いありません。

数か月前に発表されたiPad第3世代でタブレット端末 不動の位置を付けた感がありますが、なんせお値段が高いのです。手軽に楽しみたいなら、間もなく日本で発売さるとされるアマゾンの「Fireタブレット」や、Googleの「ネクサス7」が199ドル(約1万6千円)がかなり手が出やすいですね。いずれも現行のiPadより値段が安く、小型の7インチです。

image

そこで、市場ニーズのある小型のタブレット端末を、アップルが当然のごとく視野に入れるのもうなずけます。そして実際にしばらく前から、小型のiPadである「アイパッド ミニ(iPad mini)」(仮)が噂が漏れだしているのも不思議ではありません。

まず「Phone Arena」が中国のアップルご用達の下請け業者からの情報として伝えています。それによりますと、アップルはディスプレイが7.85インチの「アイパッド ミニ」を発売するとのこと。価格は249ドルから299ドルの間だそうです。iPad第3世代の半額以下ですね。これなら手が出せそうと思う人も多いかも。phonearena

同記事によるとアップルは「アイパッド ミニ」のディスプレイ部品にシャープ制のIGZOパネルを採用とのこと。薄く、軽く、長時間駆動する高性能バッテリーを採用するそうです。

さて別経路のリーク情報もBloombergから流されています。アップル製品に造詣が深いとされる匿名の2人からの情報とされていますが、「アイパッド ミニ」は7インチから8インチの間になるそうで、発売日が10月になりそうとされています。かなり具体的です。 Bloomberg

さらに同記事によると、ディスプレイはiPad第3世代の高精細「Retina」ディスプレイは採用されないとされています。気になる価格情報ですが、現行のアイパッドより安くするとのこと。是非「Fireタブレット」の199ドル程度にしてほしいと思いますね。

以上が、2012年7月4日までに入ってきた「アイパッド ミニ」の噂のまとめでした。注意点は、あくまでも噂であること。サプライズがありますし、結局は発売されなかったということもあることを念頭においておく必要があります。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事