「iPad Air 2」登場! スペックのまとめ

スポンサーリンク

待ち遠しい「iPad Air 2」。Appleから2014年10月16日に発表され10月24日から発売されるとのこと。iPad 一筋派の中には、嫁に内緒で買い替え、こっそり現行の「iPad Air」と取りかえて、しれっと新しいiPadを使かおうと考えているユーザーもいるとか。iPad mini 派の私も気になるので事前にリークした「iPad Air 2」情報をまとめてみます。

翌日(2014年10月17日)追記! 「iPad Air 2」が発表されました。厚みが18%減つまり1.4mmも薄くなりました。「iPad Air2」の魅力的な特徴を以下にまとめております。 驚愕!「iPad Air2」薄さ6.1mmで大丈夫か?魅力的な追加機能をまとめます

  iPad Air 2

Touch ID

iPhone 5s から、登場しiPhone 6 ではおなじみになった 指紋認証 Touch ID 。パスコードを嫌がって設定していないユーザーでも、Touch ID ならその煩わしから解放されます。安心して机に放置してトイレに行けるセキュリティーツールです。新しいアプリを試す度に Apple ID とパスワードを入れる必要がないので、パスワードを忘れてしましそうになるのが Touch ID です。 この便利機能が「iPad Air 2」や「「iPad mini Retina 2」に搭載されるとのこと。家族で使っている人は利便性がほぼゼロですが、個人所有ならのぞき見される不安がゼロになるのは嬉しいですね。

2GB メモリ

これまでの iPad シリーズのメモリが 1GB だったというのが改めて驚きです。OSがプロセッサに合わせて最適化されているので、メモリはそこまで必要なかったようですが、「iPad Air 2」からいよいよメモリ 2GB の時代に入るようです。 グラフィック系アプリを利用しているユーザーはこれまで以上にヌルヌル動くiPadで仕事が図りそうです。

プロセッサは A8 か A8X

サクサク動くにはメモリだけでなくプロセッサの性能も大きく関係しています。「iPad Air 2」は64ビットのA8 の採用が有力視されていましたが、新しい情報によりますとアップル最新鋭モバイルプロセッサ A8X が搭載されるかもとのこと。 いずれにしろ速いにはこしたことがありませんよね。

0.5mm 薄くなる

最近”薄くなる”という言葉に敏感な私です。髪の話でもありますが、iPhone 6 Plus が曲がりやすいという話が主です。「iPad Air 2」を iPhone のように後ポッケに入れることはできませんが、”カバンの中に入れていたら曲がった”みたいなことにはなって欲しくありませんから。 とは言っても大方のユーザーにとっては0.5mmでも薄くなれば取り回しが楽になるわけですから大歓迎でしょうね。7.7mmから7.0mmになるだけですが。

薄くなるわけですから、重量も軽くなる可能性が大有りです。現行モデルはWiFiモデルで469g、セルラーモデルで479g。「iPad Air 2」が300g代ならインパクトは強烈ですね。 他にも解像度が上がるとか、カラーバリエーションが増えるなど、様々な憶測や噂が飛び交っておりますが、上記の4つの情報は有力視されています。 以上が発表直前の「iPad Air 2」スペックのまとめでした。発表状況をこの記事に追記して更新するか、新しいスラッグで記事を書くかは思案中です。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事