スマートフォンを落としても安心な必須のセキュリティーソフト「InfoProtector」(無料のアンドロイドアプリ)とは?

スポンサーリンク

スマートフォンといえばiPhoneという時代は終わりつつあるなかで、アンドロイド端末としてのスマートフォンが爆発的に普及しています。しかし紛失した時が怖いですね

携帯電話会社(ドコモ、au、ソフトバンクなど)に電話をかけると音声通話は一時的に使えなくすることも可能ですが、ロックを掛けていない状態で落としたら、スマートフォンのアプリが使われてしまうこともあり、時には大切な個人情報まで盗まれる場合が発生します。

そこで、「InfoProtector(インフォプロテクター)」という無料のアンドロイド2.2対応のセキュリティーソフトをインストールしておけば、万が一落とした時も遠隔操作でロックを掛けられるので安心のようです。

20110118111628

アンドロイド2.2対応のセキュリティーソフト「InfoProtector」とは

アンドロイド用のセキュリティーソフトはこれから大切なアプリとなり、数多くのアプリが出回るでしょう。

20110118111705今回無償のアプリとして日本システムウエア株式会社がリリースしたセキュリティソフト「InfoProtector(インフォプロテクター)」はかなり充実したアンドロイドアプリで、これからインストール必須のソフトになりそうです。

数ある機能の中で最も役立ちそうな機能は、スマートフォン紛失時でも、「InfoProtector」をインストール済みなら、遠隔操作で、画面操作のロック、データ消去可能なことです。万が一に安心ですね。

加えて2月からの提供予定の「緊急時通知」機能について日経プレスリリースによると、

  • 紛失などの緊急時に電話やSMSにより通知すると、一定間隔で位置情報や撮影した映像/動画を指定したメールアドレスに送信します

とありました。スマートフォンのカメラ機能によるる自動撮影は驚きです。これなら紛失時に個人情報の流出を妨げるだけでなく、端末の発見に役立ちますね。

20110118111740

他にも、スマートフォンのSIMカードが入れ替わった時にアラートメールの送信や警告音の発信とともに画面操作をロックする「SIMアラーム連動 」機能、またパスワードの有効期限を設定できる「パスワード管理」機能、 さらに「簡易スケジュール」機能が付き、スケジュールの登録や音声メモ入力まで可能になり、その入力イベントがの開始時間が近づくとメッセージが表示されます。

これだけのセキュリティー機能が付いたソフトで無料なのは嬉しいですね。アンドロイド用のセキュリティーソフト「InfoProtector(インフォプロテクター)」の紹介でした。詳細は日本システムウエア株式会社より。