au2013年春モデル「インフォバー(INFOBAR)A02」が進化して登場

スポンサーリンク

iidaデザインモデルとしてガラケー時代からの人気のスマートフォン「インフォバー」シリーズから2013年au春モデルとして「インフォバー(INFOBAR)A02」が登場しました。HTC製ですが、CPUがクアッドコアなど妥協を許さない高スペックな仕上がりです。

image


「インフォバー A02」

auの2013年春モデルの第一弾として登場したのは、UIがタイル状のパネルでおなじみの「インフォバー」の最新モデル「A02」です。

「A02」は4.7型HD液晶ディスプレイ、OSはAndroid 4.1、駆動系はクアッドコアCPUを中心とした今時のスマートフォンの王道を走るスペックとなっています。

同シリーズの初代からデザインを担当しているのは「iida」で有名な深澤直人さんです。世界を股にして雑貨、家電、ケータイ、腕時計など多岐にわたるデザインを生み出しています。

今回のボディーデザインは、iPhoneのようなディスプレイ下の物理ホームボタンがなくなりました。一方で左側面にファンクションキーが追加され、それを押すとランチャーが使えるようになりました。

NFCだけでなく、おサイフケータイ機能、赤外線、ワンセグなどガラパゴス機能もしっかり搭載しております。

「インフォバー(INFOBAR)A02」のスペックのまとめは以下のとおり。

■ 本体・・・サイズ:70 × 9.7 × 138 mm 重さ:約147g
■ OS・・・Android 4.1
■ ディスプレー・・・4.7インチ 720×1280px  密度 312ppi
■ CPU・・・クアッドコア 1.5GHz (APQ8064)
■ 通信・・・LTE/3G、無線LAN 802.11a/b/g/n(2.4/5GHz)、Bluetooth 4.0
■ メモリ・・・1GB
■ ストレージ・・・16GB
■ 外部メモリー・・・microSDHC(最大32GB)
■ カメラ・・・背部:800万画素 前部:210万画素
■ バッテリー容量・・・2100mAh
■ テザリング・・・最大8台まで可能
■ デザインカラー・・・NISHIKIGOI(赤)、AOAO(青)、ICE GRAY(白)

上記のau「インフォバー A02」の発売日は2013年2月中旬となっています。

Original Product|au

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事