ウエブマスターツールの新機能「インデックス ステータス」で確認できるあなたのブログ成長度?

スポンサーリンク

Googleが「ウエブマスターツール」に新たな機能を加えたと発表しました。「インデックス ステータス」という新機能です。Google検索エンジンによるブログやサイトのインデックス数を過去1年間さかのぼってグラフ化してくれるものです。ではあなたのブログの成長度はいかに?

image

「インデックス ステータス」とブログの成長度

今回Googleが発表した「インデックス ステータス」という、ウエブマスターツールに搭載された新機能は、画期的なツールとは思えませんが、味方によっては「ブログの成長度」を表していると考えられます。

ブロガーとしての最大の成功はPVの獲得(売上とも言える)ではなく、ブログの記事数が右肩上がりで増えることにありますね。(理由はブロガー あたりをご覧ください)ですから時間の推移と共に、ブログの記事のGoogleのインデックス(登録)数がどれほど増加しているかが目安の一つとなります。

それを知れるのが、今回Googleが発表した「インデックス ステータス」という機能ですね。

見方

「インデックス ステータス」は、ウエブマスターツールにログインして、登録されている該当ブログを選び、左サイドバーの「健全性」から「インデックス ステータス」をクリックして確認できます。

ではこのブログのデータはどうか?「あれ?」2012年4月ごろから急激に減少傾向です。インデックスされているこのブログのページが減少しています。なんでやねん!ブロガーとして最悪?

image

ここで「詳細」を見てみます。

image

この詳細ではブログの「インデックス数」は減少していますが、「クロール済み」「未選択」増加しています。

各項目の意味は、インデックス ステータス – ウェブマスター ツール ヘルプ に記されています。以下はその一部です。

この数は時間が経つうちに、新しいページが追加およびインデックス登録され、古いページが削除されるので、変動します。インデックスに登録された URL の数は通常、クロール済みの URL の数よりも大幅に少なくなります。重複canonical ではない、重要ではない、または noindex メタ タグを含むと判断された URL はインデックスに登録されないからです。

そういえば、重複記事をGoogleのインデックスから削除するために、canonicalやnoindexを導入していたの忘れていました。

再び「インデックス ステータス」で確認してみると、インデックス数の減少はその時期とちょうど符号しているようです。

image

これで少し安心しました。

いずれにしろ、ブログの成長は、PVではなく、ページ数の増加、つまり継続だと肝に銘じて更新を続けて行きたいと思っています。理由は以下のとおり。

「ブログは継続の先に成功がある」

参照リンク:Google ウェブマスター向け公式ブログ: インデックス ステータス機能で Google 検索のインデックスの秘密が明らかに!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事