音声通話つき格安SIMでおススメはIIJmioが一番ではないかと思う!通話料半額に!

スポンサーリンク

「IIJmioユーザーの方、おめでとうございます。一番おススメな格安SIMにIImioのモバイルデータプランが認定されました。」と思わず発表してしまいました。4月から料金据え置きで、高速通信データ量が増量され、音声通話の通話料が半額になりました。おまけに家族間通話(同一mioID間)は60%引きです。

通話料が半額になったIIJio音声通話プラン

格安SIM市場がますます激戦地となっている模様です。キャリア3社から販売されるスマホのSIMフリー化が義務付予定となり、MVNOによる音声通話付き格安SIM市場が急速に拡大することが予想される中、IIJmioが次なる一手を打って出てきました。2015年4月からサービスを以下のように拡大させます。

データ量の増量

まずデータプランおよび音声通話プランです。

データ量 データ通信
のみ
SMS付き 音声通話付き
ミニマムスタート
プラン
2G ⇒ 3G 900円 1,040円 1,600円
ライトスタート
プラン
4G ⇒ 5G 1,520円 1,660円 2,220円
ファミリーシェア
プラン
(SIMカード3枚可)
7G ⇒ 10G 2,560円 2,700円~ 3,260円~

料金はそのままで、データ量が25%~50%増量されております。昨日、楽天も増量を発表しましたが、IIJmioに追随する形になっていおります。

音声通話SIM「楽天モバイル」とIIJmioを比較した結果は?
楽天が新たにMVNO事業に参入し「楽天モバイル」を立ち上げました。現時点で業界最安値の音声通話付きSIMを月額1,250円で提供します。高速...
スポンサーリンク

通話料が半額の「みおふぉんダイアル」

さらにIIJmioをおススメ格安SIMにならせる新たな発表がありました。それは音声通話機能付きSIMで、通話料を半額にする「みおふぉんダイアル」というもの。

国内通話料 20円/30秒 → 10円/30秒
国際通話料  20円/30秒 → 10円/30秒

この「みおふぉんダイアル」はドコモの通常の音声回線を利用しているので、通話品質保証付きです。

利用法は、同じシステムをすでに先行導入している「楽天でんわ」と同様です。電話番号の前に特定の番号(プレフィックス番号 0037-691)を加えるというもの。専用のアプリ「みおふぉんダイアルアプリ」を利用すれば、通常の連絡先から発信可能です。※

※ 110番、フリーダイヤル、ナビダイヤル、国際ローミングは非対応

通話料がさらに割引される「ファミリー通話割引」

実は同様の通話半額サービスは、同じ格安SIMを提供している「楽天モバイル」と「楽天でんわ」を合わせると実現できますが、IIJmioの良いところは、家族間(同一mioID間)は通話料がさらに20%引きになるサービス「ファミリー通話割引」を始めることにあります。

  • 通常の国内通話・・・20円/30秒 ⇒ 16円/30秒
  • 「みおふぉんダイアル」との併用・・・16円/30秒 ⇒ 8円/30秒

30秒で8円(3分なら48円)を実現するための注意点は、電話番号の前に0037-691を入れて発信する「みおふぉんダイアル」を利用し、なおかつ同一mioID間でなければならないという点です。

つまりキャリアのように名義が違っても家族なら通話が無料というわけではなく、あくまでも同一名義の契約である必要があります。ですから「ファミリー通話割引」は「ファミリーシェアプラン」に当然適用されますが、別契約のSIMカードが同一mioIDなら同じく適用されるわけですね。(「同一名義のスマホならLINEでしゃべるよ!」とは言わないの!)

まとめ

回線が安定しているとのことで「OCN モバイル ONE」と肩を並べて大人気の格安SIMであるIIJmioユーザーに改めて申し上げます。「おめでとうございます。」

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事