【節約スマホ】音声通話SIMカードの最安値はIIJの「みおふぉん」に 1600円なり

スポンサーリンク

090/080の音声通話も可能な格安SIMカードの最安値情報です。IIJの音声通話SIMカード「みおふぉん」が300円値下げして1600円になりました。「mineo」とほぼ同額です。

IIJの「みおふぉん」

これまでauの通信網を2次売りしてたケイ・オプティコムの「mineo(マイネオ)」が音声通話の可能なSIMカード「デュアルタイプ」を1590円/月で販売してました。これがMVNO提供の音声通話可能なSIMカードのなかで最安値でした。

昨日、おそらくその「mineo」に対抗してであろうと思われますが、定評のあるIIJが音声通話もできる「みおふぉん」の各プランを300円値下げ。ミニマムスタートプラン1,900円/月を1,600/月にしました。開始は7月1日からです。

これでauのMVNOであるケイ・オプティコムの「mineo(マイネオ)」とドコモのMVNOであるIIJの「みおふぉん」は、音声通話可能なSIMカードとして最安値となったわけです。でもどちらのサービスが優れているのでしょうか?

違いは「mineo」がauのネットワークを利用し、「みおふぉん」はドコモのネットワークを利用しているという点です。

地方では未だにauよりドコモの電波状況が格段に上です。さらに言えば利用できるネットワークが違います。

「みおふぉん」(IIJ) 「mineo」(ケイ・オプティコ)
音声回線 3G 3G
データ回線 LTE/3G LTEのみ

つまり「mineo」の場合、auの「4G LTEサービスエリア」に限られるわけです。私が住んでいる田舎は、未だにauのLTEがつながらない場所が沢山ありますので、「mineo」のデータ通信利用しずらいわけです。

やっぱりドコモのネットワークを利用した「みおふぉん」(IIJ)がスマホを格安で利用できる最良の選択と言えます。とはいっても現時点の話であり、ドコモのスマホかSIMフリーのスマホを持っているというのが条件でけどね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事