結局 au iPhone 5s の買い取り額は業者かドコモ どちらが高いのか?下取り方法も紹介します

スポンサーリンク

au の iPhone 5s または ソフトバンクの iPhone 5s 難民の皆さん!こんにちは!iPodと化している iPhone 5s は売れるうちに早く売ってしまいたい!と考えているユーザはかなり多いようです。私もその一人ですが、結局キャリア(ドコモ)での下取りが一番確実であることが判明しました。

au iPhone 5s をドコモの下取りに出す。

民間業者の iPhone 5s 下取り価格

サイズが大きくなった iPhone 6/6s を利用している方は、iPhone 5s の手になじむ感覚が忘れられないかも。少なくとも私はそうです。

iPhone 5s からSIMカードを取り出す

しかし、机の中にしまっておくのももったいないので、iPhone 5s(au版)を買い取ってもらうことにしました。

何を隠そう、実はこっそりドコモにMNPしていました。いちるの望みをかけて利用開始した mineo (090音声電話付)は結局ダメだったのでMNP弾として利用したのです。

MNP手続きの再、ドコモがやっているiPhone下取りの申し込みをしていたのですが、民間がやっているiPhone下取り価格のほうが良さげだったので、見積もりを数社にとってもらいました。

下取り業者の広告では iPhone 5s (16G)は au/ソフトバンク版でも、ほぼ新品なら3万4000円で買い取ってくれるとのことでした。わがiPhone5s は1年利用した中古ですが、せめて25,000円ぐらいで買い取ってもらえるだろうとの公算。でも実際に見積もりを出してもらうと1万円前後!安過ぎ!期待は見事に裏切られました。

現時点で、iOS9にアップグレードしている au iPhone 5s は公式にはMVNOの格安SIMカードは利用できないので仕方ないか!

スポンサーリンク

ドコモの iPhone 5s 下取り価格と下取り方法

結局、ドコモが期間限定でやっている下取りキャンペーンで下取りしてもらったようが高く買い取ってもらえました。

au/softbank/SIMフリー の iPhone 5s (64GB/32GB/16GB)をドコモで買い取ってもらう場合の下取り価格(またはポイント額)は以下の通り。ただし2015/12/23時点での話。
  • 良品・・・ 21,000円(店頭買い取り)、19,800pt(郵送買い取り)、8,000円(MNP同時受付でない場合)
  • 画面割れ品・・・6,300円、5,100pt、2,400円

私の場合は、郵送買い取りにしたので、料金の充当に使える19,800円分のドコモポイントでした。ソフトバンクとauの乗り換え下取り額も確認しましが、ドコモとほぼ同じ額でした。

※ キャリアはこれをどうやって再販売するのでしょうか?SIMフリー化してアジアにでも転売するのかな?

高額下取り条件は以下の通り。

  • 電源が入り、充電できる。
  • 本体や液晶に破損がない。
  • 水濡れなし。
  • 改造なし。
  • 製造番号を確認可能。

下取り手順は以下のとおり。

本体はデータを消して、工場出荷時点に戻しておくのが鉄則。手順は以下のとおり。

  1. 「設定」>「iCloud」>「iPhoneを探す」を「オフ」へ。
  2. 「設定」>「一般」>「リセット」>「すべてのコンテンツを設定をリセット」をタップ。

iPhoneを下取りに出す前に、「iPhoneを探す」をオフにして、「すべてのコンテンツと設定をリセット」。

SIMカードも忘れずに抜いておきましょう。

最後に、ドコモの郵送下取りは、(株)ドコモCEから郵送されていくる「レターパック」に入れてポストに投函するだけです。忘れずにもれなく記した「携帯電話機・ポイント交換申請書」を入れておきます。それと、追跡ナンバーシールも忘れずにはがして、保存しておきます。

郵便のレターパックにドコモに下取りしてもらいたいiPhoneと申込書を同封してポストに投函

ポイント加算は検品が終了した翌日に反映されるそうです。ドコモのポイントは自由に毎月の支払額に充当できるみたい。(ソフトバンクは24回に分けて充当する道しかありません。ひどい。)

2016/01/12追記:

数日後に、dポイントを確認してみると、19800 ドコモポイントを獲得していました。早速、dmenu(dメニュー)から、「ポイント」を「使う」に入り、ドコモ利用料金にポイントを全額充当しました。4か月は料金が全額相殺される計算です。

au iPhone 5s をドコモに下取りしてもらって 19800 ドコモポイントを獲得し、携帯料金の支払いに充当する。

以上、au iPhone 5s を高額買い取りしてもらうために、結局 民間の下取り業者ではなくドコモに下取りしてもらった経緯でした。手になじむiPhone 5s だっただけに後ろ髪引かれる思いでした。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事